« そもそも戦争してないのにね | トップページ | 支持者は働かない連中ばかり »

2010年7月 8日

恐るべし軟体生物

【W杯】スペインがドイツ撃破し初の決勝へ! プジョルが決勝ゴール

【サッカーW杯・南アフリカ大会は7日(日本時間8日)、ダーバンでの準決勝第2試合でドイツとスペインが対戦し、スペインが後半28分にプジョルの挙げたゴールを守り切り、初の決勝進出を決めた。

 スペインを初の決勝の舞台へ導く1点をもたらしたのはチームを最終ラインで支えるDFプジョル。左のコーナーキックから頭を合わせ、強烈なシュートをゴール右へ突き刺した。

 敗れたドイツは警告累積で出場停止となったミュラーの不在が痛手。右サイドでの展開力に欠け、ここまで5戦で13得点を挙げた爆発力が発揮できなかった。

 スペインは11日(同12日)、ヨハネスブルクで行われる決勝で、互いに初の頂点を懸け、オランダと対戦する。スペインはグループリーグ初戦のスイス戦で敗れており、初戦を落としたチームが優勝した例は過去に無い。オランダとの対決を制し、欧州王者が歴史を変えることができるか】

 つーかタコすげぇぇぇェェェェェ!

 …しかし、この事をきっかけにドイツで「タコは未来が読める生物だ!食べるのは可哀想!」とかいう議論が起き、反捕タコ運動とかにまで発展したら、まーた日本人は憂鬱な思いをさせられるのでしょうなぁ。まぁ理知的なドイツ人に限って、ああいう差別的で感情的で頭の悪い議論には与しないと思いますけど、そう言えばヨーロッパでタコを食べる国としてはギリシャがよく知られていて、ドイツとギリシャは先のギリシャ危機の絡みであまり関係がうまくいっていないような雰囲気が…それによく考えたら、IWCでドイツのスタンスは反捕鯨なんですよね。いろいろ取り越し苦労だといいんですが。

 …ん?他にヨーロッパでタコを食べるのはイタリアやスペインなどだそうですが、日本・ギリシャと合わせるとみんな「財政事情が逼迫している国」じゃないですか!?これももしかするとタコの呪い

【関連】W杯タコ「パウル君」的中、独では「サラダにしろ」

 あっちでは「悪魔の魚」と呼ばれてるんでしたっけ(笑)。

|

« そもそも戦争してないのにね | トップページ | 支持者は働かない連中ばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし軟体生物:

» W杯決勝はオランダ−スペイン〜悲願をかけて〜 [虎哲徒然日記]
2010年のW杯もいよいよ大詰め。 ・スペイン1−0ドイツ 驚異の得点力をみせて勝ち上がってきたドイツ。しかしスペインが完全にドイツの勢いを止め、終始攻勢を展開。ドイツはミュラーの出場停止などもあり、攻撃の形を十分に作れず、エースのクローゼもシュート1....... [続きを読む]

受信: 2010年7月 8日 16時11分

« そもそも戦争してないのにね | トップページ | 支持者は働かない連中ばかり »