« 沖縄はドMなのか? | トップページ | 自転車も免許制ですかね »

2010年8月21日

こりゃアテにはならんわ…

追加経済対策:閣内、温度差強く 「円高対策を」日銀批判も

【政府・与党が景気失速を回避するため検討している追加経済対策を巡り、20日の閣議後会見で閣僚から発言が相次いだ。「家電エコポイント」延長など、複数の閣僚が対策実施に期待感を示す一方、「景気動向を見極めて慎重に判断すべきだ」との意見や「円高対策が先決」として日銀に対応を求める声も出た。菅直人首相が対策の検討を指示しているが、閣内での温度差が目立っており、集約には時間がかかりそうだ。

 「エコポイントは大きな経済波及効果を持っている」。原口一博総務相は経済対策策定にあたって、12月末で期限が切れる家電エコポイントの延長を求めていく考えを表明。前原誠司国土交通相も「経済対策は何らかのものが必要」と述べ、12月末に終了する「住宅版エコポイント」の延長・拡充に意欲を示した。

 一方で、対策作りの際に取りまとめ役となる官邸・財務省は慎重だ。菅首相は同日の閣僚懇談会で「予算を伴わない形の経済対策にどういうものがあるか考えてほしい」と指示。夜は記者団に「財政出動によらないで需要の拡大、経済成長につながることもある」と強調し、大規模な財政出動に消極的な姿勢を示した。仙谷由人官房長官も「実体経済の状況をバタバタしないで注視していく姿勢が重要だ」と述べ、景気動向を見極め慎重に判断する姿勢を強調している。

 慎重姿勢の背景には厳しい国の財政事情がある。現時点で追加対策の財源としてめどがついているのは10年度予算の予備費と09年度の決算剰余金の計1・7兆円だけ。この額を超す対策を打つには、国債を追加発行する必要がある。野田佳彦財務相は「経済成長と財政再建の両立を図ることを基本に考えたい」と述べた。

 一方、玄葉光一郎公務員制度改革担当相は「(景気減速の背景にあるのは)円高の問題だ。原因で一番大きいのは日銀とFRB(米連邦準備制度理事会)の姿勢の違い」と指摘し、日銀が追加金融緩和に踏み切らなかったことを批判。前原国交相も「金融当局が行き過ぎた円高に強いメッセージを発するべきだ」と語った】

>菅首相は同日の閣僚懇談会で「予算を伴わない形の経済対策にどういうものがあるか考えてほしい」と指示

 こんな無理難題、人任せにしないで少しは自分で考えたらどうなんです?

>仙谷由人官房長官も「実体経済の状況をバタバタしないで注視していく姿勢が重要だ」と述べ

 「見てるだけ」なら、何もお前らでなくてもできるのですが…。

>野田佳彦財務相は「経済成長と財政再建の両立を図ることを基本に考えたい」と述べた

 「今やらなければならない事」を理解してないんですかね。民主党の財務大臣ってホントこんなのばかり…って、他の大臣も似たようなものでしたか(笑)。

|

« 沖縄はドMなのか? | トップページ | 自転車も免許制ですかね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こりゃアテにはならんわ…:

« 沖縄はドMなのか? | トップページ | 自転車も免許制ですかね »