トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

想像力の限界

 先日、会社帰りに電車の中で見かけた家族連れ。両親とょぅι゙ょが一人、どうやら回転寿司か何かに行った帰りのようだ。

 ょぅι゙ょの手には、回転寿司の店で貰ったものらしい、カラフルにラッピングされた棒付きのキャンデーが握られていた。実に微笑ましい光景である。

 …と、そこでょぅι゙ょ曰く。

「ねぇパパー、さっきアメくれる所に行ったらー、マグロもあったー」

 ま、まさかマグロ飴っスか!?(半分正解)

 …「マグロの頭のキャンデー」とか「マグロの目玉のキャンデー」とか想像してしまったよマヂで。

正解はこちら→単にマグロの握り寿司の形をしたキャンデーのようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/31挨拶・グリーングリーン

 「ある日パパとふたりで~、カラみあったさ~」

 …これも親子丼になるのか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

戦友との邂逅

 携帯のiアプリでドラクエⅡができるってので、早速ダウンロードしてプレイしてみました。

 以前このゲームをプレイしたのはもう十数年も前、しかも私が遊んだのはFC版ではなく、「あぶない水着」を入手できるMSX版でした。守備力は1ですが、敵が「見とれて」攻撃をしてこないというワンダホーな特殊効果のある「あぶない水着」、これだけでデルコンダルでのキラータイガー戦やハーゴン神殿でのアトラス戦などを、ほとんどノーダメージで勝てたという記憶が。そして伝説に残る「あぶない水着の装備画像」…ここに画像を載せるのはちょっと勇気がいるので(いろんな意味で)、興味のある方はネットで探してみて下さい。

 今回のiアプリ版ドラクエⅡはSFC版が元になっているようで、あぶない水着はおろか「はかぶさの剣」や「水の羽衣増殖」などのステキな裏技はなくなってしまったらしい。過去を完全に取り戻す事はできないようでちょっと残念ですが、しかし人は前にしか進めないもの。うん、ならば「現在のドラクエⅡ」を、精一杯楽しもうではないか俺様。てなわけでゲーム開始です。

 んで、しばらくは主人公の一人旅であったのが、ゲームを進めるうちにサマルトリアの王子が仲間に。

 「ボクは サマルトリアの トンヌラ おうじです。
 いやー さがしましたよ。
 さあ ちからを あわせ ともに たたかいましょう!」

 ト、トンヌラだってー!!!

 かつてのドラクエⅡ、私は本名でプレイしていたのですが、その時の旅の仲間の名前はそれぞれ「トンヌラ」と「リンダ」でした。が、今回は別名でプレイしたのにも関わらず、出てきた彼の名前はやはり「トンヌラ]!これも精霊ルビスの加護なのでしょうか、私はかつての戦友と巡り会う事ができたのです。たとえ彼が「ルーラ」と「スクルト」くらいしか価値のないお荷物だったとしても。

 まぁ、iアプリ版の彼は以前よりも若干強い武器が装備できたりするようで、確かに「光の剣」とか装備させたら、一時期は主人公よりも攻撃力高かったよ。ホント一時期だけ。

 ちなみに王女の名前は残念ながら「マリア」でした。でも、活発そうな「リンダ」も良かったのだけれど、清純そうな「マリア」もそれはそれで捨てがたいよなぁハァハァ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/30挨拶・昆虫王国

 出掛けに先日セミを踏んづけた辺りを確認してみたところ、アゲハ蝶が交尾してた。えーえー朝っぱらからお盛んですこって。

 あと、昨日の夜は網戸にキリギリスが張り付いてたし、今朝は乗ろうとした自転車にナナフシが止まっていた。…俺んちって何かあるのか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

小銭リラクゼーション

 皆さん、ストレスたまっていませんか?

 何かとストレスの多い現代人にとって、心身の「癒し」とはとても重要なファクターです。またその方法も千差万別で、エステ・マッサージ・アロマテラピー・温泉など、例を挙げればキリがありません。

 しかし、これらのほとんどにはカネが必要です。それも1回で数千~数万円と、必要な金額はなかなか大きい。これでは「気軽にリラックス」というわけにはいきません。

 そこで今回、不肖この甚六がお送りするのは、名づけて「小銭リラクゼーション」!数枚の小銭と輪ゴムが1本、これだけあれば、いつでもどこでも手軽に「癒し」を得ることができます。さぁそこのストレスが溜まりがちなアナタ、ダマサレタと思って一度チャレンジ!合言葉は「元手はいるが費用はかからない」!!

(上でもう書いちゃいましたが)用意するもの

 …穴あきの小銭(5円・50円どちらでも可) 数枚
 …輪ゴム 1本

 数枚の小銭の穴に輪ゴムを通しておきます。準備はコレだけです。

0508281

 小銭を通した輪ゴムの両端を手に持って、そのまま15~20cmくらい左右に引っ張ります。

0508282 びよーん。

 すると、輪ゴムの伸びにあわせて、小銭と小銭の間隔が少しだけ広がります。この広がり具合が重要!輪ゴムの引っ張りが足りないと十分に広がらないので、伸ばした輪ゴムが小銭の重さに負けずに、ピンとなるくらいに張って下さい。
 さぁ、その状態で、輪ゴムを軽く揺らしてみて下さい!

 どうです?風鈴のような澄み切った音がするでしょう?

 何度も輪ゴムを揺らしていると、小銭の間隔が詰まってきて、音が悪くなってしまいます。そんな時も、一旦左右の手を緩めてしまえば、すぐに最初の画像の形、つまり輪ゴムを伸ばす前の状態に戻るので大丈夫。好きなだけ音を楽しむ事ができます。

 さて、ここからはより音を楽しんでもらうために、いくつか検証してみた結果を報告します。

 まず、「用意するもの」のところでも書きましたが、日本の硬貨で「穴あき」というと、5円玉と50円玉の2種類があります。この「小銭リラクゼーション」には、どちらの硬貨が適しているんでしょうか?

0508283 5円玉で作ってみました。

 5円玉は、50円玉よりも音が高くてより澄んだ感じ。50円玉は縁にギザがあってその分盛り上がっているせいか、5円玉よりも「硬貨同士がぶつかってカチャカチャいう音」が大きいような気がします。それにもう一つ重要な部分がありまして、それは準備段階、小銭の穴に輪ゴムを通すという段取り。5円玉の方が50円玉より中央の穴が大きいので、輪ゴムが通しやすいんです。というわけで、提唱側としてのオススメは5円玉です。

 次に、輪ゴムに通す小銭は、何枚くらいが適当なんでしょうか。先に答えを言ってしまうと8~10枚くらいが良さそうなんですが、とりあえず50円玉を輪ゴムに5枚通したものと、15枚通したもので比較してみました。

0508284 5枚…小銭が少ないせいか、音が上手く出ません…。準備がラクなのはいいんですけど。

0508285 15枚…さすがに多すぎか。小銭の重みで輪ゴムがヘタレてます。小銭同士の間もうまく広がらないので、こちらもアウトっぽい。

 最初は「小銭が多い方が良く音が響くんじゃないか」などと思ってましたが、「過ぎたるは及ばざるが如し」とはよく言ったものです。

 また「5円玉や50円玉なんてそう何枚も持っていない」という人もいるでしょうが、そんな場合は両者をミックスしてもOK。

0508286 5円玉と50円玉、各5枚ずつサンドしてみました。単体よりも音が複雑になる感じで、結構オススメです。

 さぁ、皆さんも試してみて下さい!…「貧乏臭い」は禁句ですからね!!

オマケ・5円玉と50円玉のお勉強

五円硬貨
 形状 : 外径22mm、重量 : 3.75g 穴あき。
 表 : 稲穂と五円表記、穴周辺に歯車。裏:国名、年号。
 材質 : 黄銅(真鍮)、すなわち銅と亜鉛の合金。

五十円硬貨
 形状 : 外径21mm、重量 : 4g 穴あき・周囲ギザ付き。
 表 : 菊、裏 : 50と年号。
 材質 : 白銅、すなわち銅とニッケルの合金。

0508287  今回使用した50円玉。実は全部昭和50年製

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/28挨拶・ゴ・キ・ゲン・ヨウ!

 最近流れてる「GATSBY・髪型決めて編」のCMがなかなか笑える。人生~楽しむだけ楽しんだら、ハイ、ゴ・キ・ゲン・ヨウ!甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月26日 (金)

読書感想文哀話

 8月も終わりに近づき、もうすぐ新学期が始まるというこの時期。小中学生くらいのガキ…もといお子様を抱える家庭の大多数では、「夏休みの宿題」とお子様方の激しい戦いが行われている事であろう。

 そんな「夏休みの宿題」の定番といえば読書感想文が挙げられる。普段は手にも取らないような文学作品や戦争体験記などを強制的に読まされた上(時には本を買わなくてはならない)、さらにそれについての感想で原稿用紙数枚を埋めなければならないという、マトモにやろうとするとやたら手間のかかる困ったちゃんだ。

 まぁ、そこは「捨てる神多ければ拾う神も多い(?)」というヤツで、ネットで検索するとコツを伝授してくれるサイトは結構引っかかるし、中にはこんなの まである。だが「文章を書く」という事は、方法を知っていれば上手な文が書ける、というようなモノではないので、結局は自分で試行錯誤しながら何とかしなければならない。全くもって難儀なものである。

 さて、読書感想文というと、私には過去にちょっぴり苦い思い出がある。あの日私は担任の女教師に呼び出され、放課後、職員室にほど近い一室にいた。校門に面した窓から、紅い夕日が差し込んでいたあの光景は、今でも良く覚えている。

 夕暮れ時の教室、女教師に呼び出されて二人きり、というこのシチュエーション。さらに「苦い思い出」とくれば正に「それなんてエロゲ?」との言葉がぴったりの状況ではあるが、残念ながら当時の私は、ブルマやスク水の魅力にも目覚めておらず、そもそも「萌え」という概念そのものが存在していなかった小学2年生であり、また女教師も、おそらく50は超えていたであろうおばちゃん先生であった。合掌。

 …それはともかくとして、私が呼び出された理由なのだが、別にスカートめくりをしたとか、女子の縦笛を舐めていたのを見つかったとか、そーゆーのでは断じてない。その日の国語の授業中、クラスで読書感想文を書かされたのだが、先生が言うには、その中で私の書いた作文を、市の作文コンクールか何かに出したいので、二人で文章をちょっと手直ししましょう、とまぁ、そんな感じであった。

 その時読まされた本は確か「かわいそうなぞう」。戦争中の上野動物園を題材に、戦時中の悲劇として良く知られている話である。さらに、その時書いた文章もおぼろげに覚えており、確か「飼育員さんが死んだ象にすがりついて「ごめんよ、ごめんよ」と言っている場面が心に残った」とかいう文だったと思う。おお、本当に記憶に残ってるじゃないか自分。

 んで、先生に言われるまま作文の手直しが始まったのであったが…正直それは「手直し」などというものではなかった。先生が「ここはこうしましょう」とばかりに考えた文章を口に出し、それを私が原稿用紙に書き写していくという、そんな作業だったのだ。言ってしまえば「オトナの事情」というやつだろうか。放課後に二人きり、というのも、つまりはそういう事だったのだ。

 数枚の原稿用紙のマス目を埋めるのにどれだけの時間がかかったかはもう覚えていないが、最終的に出来上がったものは、確かに全体的な構成は私自身の作文が下敷きになっている、と言えるものの、内容的にはほとんど別物であった。そして、そこには私の名前が入れられ、「私の書いた作文」として提出されたのである。

 後日、その作文がコンクールで入賞したとかで、私は全校集会の場で表彰されることになった。他の子供たちの前で壇上に上がり、校長から賞状を手渡された。賞をもらった事は確かに嬉しかったが、「あの作文はぼくが書いたものじゃない」という小さな棘は、そのまま私の胸に引っかかった。そしてこれが私にとって「自分の書いた文章が評価された」最初の記憶となったのだ。

 …あれから20年もの月日が流れ、私は今こうして自分の文章を発表できる場を持たせてもらっている。ログには思いつきのつたない文章ばかりが並び、文章を書く時間もやる気も波があってなかなか安定しないのだが、それでも私は「自分の文章を書ける」という事に喜びを感じている。

 「文章を書く」という行為は、携帯で友人に送るメールを作ったりするのとは根本的に違う。「知らない誰かに読まれる」という事を絶えず意識せねばならず、頭の中で言葉をあれこれと練り回さなければならない。「書くこと自体が好き」という人間であっても大変な作業なのだから、そうでない方々にとっては頭痛のタネでしかないだろうが、できれば「あとがき丸写し」とかのテクを使わず、自分なりの文章でチャレンジしてもらいたい。

 さて、この記事を読んでいる方々の中には、「読書感想文」とかで検索した結果ここに来てみたという人、すなわち冒頭で挙げた「夏休みの読書感想文で手間取っている人」が結構いるのではないだろうか。だがお生憎様、ここまで文章を読んでもらったのにアレだが、私からそれに対してアドバイスできるような事は一切ない。

 第一、2つもブログ抱えて、テメーの文章ですらヒーコラ言いながら書いているこのワタクシが、他人様にアドバイスなどできると思いまして?むしろこっちが「どうすればスラスラ文章が書けるようになるんだー!」とお聞きしたいぐらいでございますのよヲホホホホ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/26挨拶・肌が弱くなった気がする

 数日前に左肘の近くを蚊に食われ、その後掻き壊してしまった所にできた5ミリほどのカサブタを、今朝うっかり剥がしてしまった。気分は今朝もマックスブルー。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

ミラクルイリュージョン

 通勤途中に駅で見かけたポスターがこれ。

050825

 …木下大サーカス、スーパーミラクルイリュージョンか…。

 よし、これに対抗できるのは、日本広しと言えど、彼らしかいない!

「安田大サーカス スーパーミラクルイリュージョン」

 イリュージョンその1・団長の赤フンが万国旗に!

 イリュージョンその2・クロちゃんの地声が金田まひるソックリ!!

 イリュージョンその3・HIRO激ヤセ、2日で体重が45キロにまで減少!!!

 う~んミラクル!頑張れ安田大サーカス!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/25挨拶・ああ無常

 出がけにセミを踏んづけてしまった。色が何だか白っぽくて、羽もまだ縮れていて、いかにも「たった今、土から出てきました!」って感じのセミ。何で玄関のドア開けてすぐの所なんかに落ちてるんだよォーーー!(悲鳴)

 おかげで朝からマックスブルー。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

怖い話2題

 えー、突然ですが、夏の夜の定番と言えば怪談ですね。今日はそんな「怖い話」を2編ほどお届けします。「どこかで聞いた事ある」という方はスルーして下さい。

「地獄の叫び声」

 …その男は、壁に据え付けられた柱時計を、血走った目で凝視していた。

 まだ陽も明けぬ暗闇の中、時計の針はゆっくりと、今や縦一直線になろうとしている。

 そして、時計の長針がちょうど文字盤の「12」を指した時、

「ろくじーーーーーーーーーーーーーーー!!」

 男は、血も凍るような恐るべき叫び声をあげた。「時刻の叫び声」。

「葬儀の晩」

 ニタニタといやらしい笑みを浮かべる男を前に、俺は窮地に陥っていた。

 奴はヤリを突き、俺の馬を殺し、そして金を奪っていったのだ。

 「さぁどうする?もう後はないぞ?」男が黄ばんだ歯をこちらに見せて哂う。

 俺は腕組みをしたまま、板の上に並べられた駒に視線を落とし、次の一手をどう指そうか悩んでいた。「将棋の盤」。

 …えー、大変失礼致しました。それでわ!(逃走)

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/24挨拶・過度の期待というもの

 昼休みの時間、都内某所にてクリアしおりをゲット してきたのですが、予想していたのよりしょぼい感じでちょっとガッカリ。さらに、良く確認しないで買った本も、ハズレの内容でさらにガッカリ。甚六です。

 このしおりを、8枚1000円でヤフオクに出してる人がいるようですが、いくら何でもこりゃ売れんでしょ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

ミラクル風水!

 昨日ラジオを聴いていたら、「Dr.コパ」こと小林祥晃氏が「陽当たりの悪い寝室は男の子ができやすい」と言ってました。あの人はその方法で3人のお子さんを産み分けたそうですから、信憑性はかなり高いのではないかと(彼が「産んだ」ワケじゃないですから「作り分けた」が正しいのでしょうか?)。

 当方に子供を作る予定はありませんが(行為すらしばらくご無沙汰ではあります)、産み分け方としてはやたらと斬新。そのつもりのある皆さんは是非お試しあれ♪(万が一失敗した場合、一切の責任は負いませんけど)

 …今回カッコ多いですけど気にしないでね♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/23挨拶・満員電車とかマジ勘弁

 いや~、今の季節、汁気(水分・油分問わず)の多い中高年の方々は是非死んで欲しいですネ♪あ、もちろん若年層の方々でも、条件に該当するのであればOKですよ♪甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月22日 (月)

シューベルト「魔王」より、親父熟女趣味疑惑

 「父も心おののきつ、喘ぐその子を抱き締め…

 「…そう言えば、鈴木その子が亡くなったのって、もう五年も前になるんだよなぁ…。」

 「…何が言いたい?」

| コメント (0) | トラックバック (0)

シューベルト「魔王」より、息子珍名疑惑

 「風の夜に馬を駆り 駆けりゆく者あり
腕に童オビユルを しっかとばかり抱きけり…

 「…え?オビユルって、坊やの名前じゃなかったの?」

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/22挨拶・何かトラブってるのかも

 何か一部のパソコンで、右上のカレンダーがちゃんと表示されてないみたいなんですが、何度調整しても直りません…。皆さんのところはいかがでしょうか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月18日 (木)

希望が潰えるとき

古田、全治4週間=プロ野球・ヤクルト

 ギャーーーーーー!古田ーーーーーーーーー!!

 これで微かな希望であった「今期ヤクルト、奇跡の逆転優勝」はほぼなくなったと思っていいだろう。小野が昨日の試合の途中からマスク被ってたから、イヤな予感はしてたんだが(今日彼は3ラン打ったようだ)。やっぱり、全力疾走はもう無理がある体なんだろうか…。

 …しかし、本当に古田がいないと不安だなヤクルト…今日の試合もかろうじて勝ったが、5点のビハインドがあっても安心できないってのはどういう事だ?リリーフの五十嵐は打たれて同点にされるし(でも勝ち投手)、石井も磐石とは言えないし…。

 ともかく、一日も早い回復をお祈り致します。「blogときめきMIDNIGHT」は、戦う選手会長・古田選手を応援しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/18挨拶・過去の経験というもの

★「濃霧注意報」という言葉を聞くと、どうしても「ノーム注意報」と脳内変換してしまうTRPG経験者(主にSW)の私。ここ数年やってないなぁ…。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

予選トップ通過…

<サッカー>日本が2―1でイラン降す W杯アジア最終予選

 今日は休み明けのクセに仕事が忙しくて、試合はぜんぜん見れなかったけど、とりあえずホームで勝利を飾ることができ万々歳。ドイツまではまだ1年もあるけれど、それまでせいぜい精進して下さい日本代表の皆々様。

 …つーか、休み明けたばっかりで忙しいのは勘弁してくれ…今日は一日経っても脳みそが動いていなかった感じ。あーだるーい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/17挨拶・黄金体験

 昨日「伊東家の食卓」でやっていた「真夏の熱気で熱くなった車内を一瞬で冷やす裏ワザ」を試してみたところ、その効果に本気で感動しました。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

「影牢Ⅱ」プレイ中

 今日はずっと「影牢Ⅱ」やってたんですが、とりあえず感想はと言うと「女雷術士のコスがエロい」(まぁ、刻命館シリーズのコスって毎回結構スゴイんですけど)。

0508162 正面からのバストアップ。

 画像が携帯のカメラなんでちょっとアレですが、簡単に言うと肩からの布が鎖骨の辺りで交差して、そのまま乳を覆いつつ脇腹へ伸びるというコス。胸から腹にかけてがほぼ全開、乳はもう谷間から横乳までが丸見えというヤツです。しかもこの「大きめの胸が布地で圧迫され、ちょっと周囲に張り出してしまうも、それでいて弾力を失っていない状態」というのが、個人的にツボでもうたまりませんハァハァ。

 …すごーくピンポイントなツボであるのはおいといて、この「雷術士」…いや、魔術士系の敵ってのが意外と厄介。トラップには掛けやすいんですが体力ないんでコンボに向いてないし、それ以上に遠距離攻撃の性能がこれまでのシリーズと比べてもやたら高い。追尾性能が高いんでちゃんと逃げないと攻撃を食らうし、食らったら食らったで否応なしに追加効果が発生する。あんまりACT得意でない私には結構大変なんです。

 そんなわけで、女雷術士の乳は「おまけモード」でゆっくり鑑賞しておりますハァハァ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/16挨拶・最近地震多くない?

 昼間の地震はいかがでした?ちょうどその時、私はお花を摘んでる最中でした。あの空間は「狭い所に四方を柱が囲んでるんで、造りとしては意外と丈夫」と聞いた事があるんですが、我が家はもう古いんで、閉じ込められたりとかしたらちょっと心配。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

外出先にて

 今日はアキバにお買い物。昨日までのイベントの余波か、もう虎もメッセもメロンも人大杉。特に虎は殺人的な混みようで、戦利品をいろいろ抱えた身体では、立ち振舞いにも一苦労でした。

 しかし毎度の事ながら、一部の方々の放つ香ばしい薫りには閉口…つーか閉じるのは鼻の穴か。お前ら仮にも外で人様の目に触れるんだから、せめて家でシャワー浴びて服着替えてから出て来いっての。まったく。

 あと、ついでに汐留・日テレタワーでやってる「夏 あ・石九博」も覗きに行ったんですが、何か今日はメンテナンス中って事で一時休止してました。事前にHP確認しておけば良かった…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

8/15挨拶・セミ大量死?

 家の近所で、セミの死骸を大量に見かける(2日で10匹以上)。もう夏も終わりに近いのか…と思う反面、何か危険なガスとか発生してるんじゃないか?と考えてしまったりする。周りに自然が多いのはいい事なのだが、ちょっと死に過ぎでは?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

管理人挨拶

 初めての人もそうでない人もこんにちは。管理人の甚六です。今日からこちらの方にいろいろ(ネタ的な文章を)書かせてもらいますんで、どうぞヨロシク。

 …そうそう、このサイトのタイトルなんですが、本当は真ん中に星(★)がひとつ入りまして、「blogときめき★MIDNIGHT」なんです。星が抜けてしまった理由は、ぶっちゃけて言うと「大人の事情」ってヤツで。まぁ、そこんとこもよろしく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »