« 2/8挨拶・カードゲーム好き | トップページ | 2/9挨拶・怖いよダディ »

2006年2月 9日 (木)

儲け話はいかがですか?

 スギの木が赤く色づき始め、春の近づきを感じられるようにはなってきましたが、それでもまだまだ寒い事には変わりありません。先日エロ小噺でも書きましたが、朝晩の通勤電車では、扉に近い所にいる人の吐く息で窓が曇ったり、あまつさえ結露してできた水滴がコートを濡らしたりする事はしょっちゅうです。

 ふと思ったのですが、例えば女子高生とかの吐く息を冷やしたガラスなどに当てて結露させ、その水を集めて「女子高生○○ちゃんの水」とかいう名前で売り出したらどうだろうか、と。

 うら若き少女の身体に一旦取り込まれ、あんな所からそんな所まで、体中をぐるぐる巡った末に発散された水分。もしかしたら一部マニアの需要を掘り当てるのはないでしょうか。

 ここで「同じ女子高生から得る液体なら、唾液腺や汗腺から出る分泌液、あるいは聖水や黄金水などとも呼ばれる排泄物の方が効率が良く、需要も高いのではないか」という意見があるかも知れません。

 しかし、この「女子高生の水」のポイントは、化学的にもそれが「ただの水」であるという事です。上に挙げた「製法」も、要は蒸留水を作っているのと同じです。そしてそれゆえに、その応用の可能性は無限にあるのではないか、と思うのです(使用者の妄想力にもよりますが)。

 …と言うわけで、商品化を検討される方は是非ご相談を。まぁ私個人は液体フェチとかそういう属性はありませんので…え?いや別に、電車の中で毎日こんな事を考えながら通勤しているわけではありませんよ、決して(汗)。


« 2/8挨拶・カードゲーム好き | トップページ | 2/9挨拶・怖いよダディ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103833/8585694

この記事へのトラックバック一覧です: 儲け話はいかがですか?:

« 2/8挨拶・カードゲーム好き | トップページ | 2/9挨拶・怖いよダディ »