« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

4/28挨拶・人は見た目

 昨日「ホリエモン保釈」のニュースを見たらしい会社の上司が、「今日あたりアキバに行けば、ホリエモンに会えるんじゃないか?」とか言ってました。まぁ、確かにそんな風体には見えましたが、別に姿を見たからといってどうというものでもなく。月末の忙しい時だっちゅーのに、一体何を抜かしてるんでしょうか。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「かまいたちの夜」新作発表!

かまいたちの夜 x 3(トリプル) 三日月島事件の真相

 「ついに完結!」…って、そもそも「かまいたちの夜」が3部作だなんて、今日はじめて知りましたよ?だいたい、SFC版で「1」が発売されてから、一体何年経ってると思ってるんですかチュンソフトさん?

 …まぁそれはともかくとして、私にとって「かまいたちの夜」は、その後の私をミステリマニアの方向に引っ張ってくれた思い出のゲームなんです。ゲーム自体は初回プレイ時にテキトーにやってみたらいきなり犯人の名前が判っちゃって、かなりヘコんだ記憶がありますけど(笑)。もちろんPS2で発売された「2」も買いましたが、アレは昨今のゲームの影響からか、本筋以外の部分のウェイトが大きすぎてイマイチに感じました。本編のミステリにもう少し力を入れて欲しかったですね。

 とりあえず「3」については、発表された画面写真などを見てみると、同じチュンソフトのサウンドノベル「街~運命の交差点~」などでも使われたザッピングシステムなどがありそうな感じです。詳細はまだまださっぱりの状態ですので(公式サイトさえ今日の時点ではオープンしてませんし)、ひとまずは今後の情報を待つ事にしましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

4/27挨拶・日本の最先端技術

松下電器 水をこぼしても大丈夫 ノートパソコン新発売

 こういうのを「コロンブスの卵」って言うんだっけか?

 …ただ、コレはやり過ぎだと思いますけど。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

伝説は事実だった!

ゴルフの元祖は中国? 12世紀の「捶丸」

 民明書房キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 「纒がい狙振弾…棍法術最強の流派として名高いチャク家流に伝わる最大奥義。この技の創始者宋家二代呉竜府は正確無比の打球で敵をことごとく倒したという。この現代でいうゴルフスイングにも酷似した打撃法は、運動力学的観点からいっても弾の飛距離・威力・正確さを得るために最も効果的であることが証明されている。ちなみにゴルフは英国発祥というのが定説であったが、最近では前出の創始者呉竜府の名前でもわかるとおり、中国がその起源であるという説が支配的である。

民明書房刊『スポーツ起源異聞』より」

 もはや何も言うまい…!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

4/26挨拶・キレイになりたい?

角質除去は魚にお任せ

 …写真の手の持ち主は、角質除去より先にやる事があるんじゃないかと思ったのですがどうでしょう?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

春の嵐

 昨日は一部の地域で雹が降ったりしたようですが、皆さんの周囲ではいかがだったでしょうか?

 今日になって某番組に出ていた気象予報士の資格持ってる人が「雹は大きくなると落下速度が速くなって危険」と申しておりました。まぁ空気抵抗の問題とかでそうなるのは判るんですが、物理法則をまるっきり無視したご意見には苦笑い。「じゃあ雹がどれくらいの大きさになったら、空気抵抗を無視できるくらいのものになるんだろう?」という疑問は残りましたが、とりあえずそれでいいのか気象予報士って。

 明日もまた、一部地域では雷雨の可能性があるとかで。皆さん気をつけて下さいね♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

4/25挨拶・恐るべき兵器

0604251_1

 詳細はコチラにて。「子作りキャノン」…。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒とフェチと男と女

 突然だが、「フェティシストなんですね」なんて言われてみたい。

 例えばこんなシチュエーション。ふと立ち寄った瀟洒なバーのカウンターで、一人カクテルを飲んでいた若い女性。長い黒髪に整った顔立ちの美人なんですが、地味目のスーツとか飾り気のない様子とか、ちょっとバーの雰囲気とはそぐわない感じの彼女。

 そんな女性に声をかけたら何だか意気投合しちゃって、談笑しながら二人でグラスを傾けているうちにだんだんと酔いが回ってきちゃって、そのうちうっかり口を滑らせて「おっぱいは漢の浪漫」とか「スク水よりも競泳派なんです」とか力説しちゃったりするわけですよ。

 そしたら彼女、アルコールのせいかほんのり桃色の顔に、ちょっととろんとしかけた瞳をこちらに向けて、微笑みを浮かべながらこう言うのです。

 「…甚六さんって、けっこうフェティシストなんですね」

 まず「フェチ」などという俗で響きも悪い略称でなく、「フェティシスト」という単語がさらりと出てくるあたり、知性と品性が感じられるじゃないですか。さらにそれらをごく自然に発揮するためには、いかなる状況においても自分を崩さない、という余裕と慎ましさが必要。言葉というものはただの一言であっても、その人間を雄弁に語る事ができるのですよ。

 しかも「けっこうフェティシストなんですね」というこのセリフ。もし彼女がそういう特殊な性癖(笑)を嫌っているとしたならば、こんなセリフはまず出ません。「おっぱい」とか「スク水」とか力説された時点で、そういうのに抵抗のある方々は眉をひそめたり、早々に席を立ったりする事でしょう。この辺の心の広さも大きなポイントです。

 目の前でグラスを傾ける大人の男性がわずかに垣間見せた「純粋な部分」、そしてそこに惹かれてしまった彼女。「甚六さんって子供みたい。ちょっと困った人なのかしら」「でも、そういうひとも悪くないわ」「むしろ貴方にだったら、ちょっと恥ずかしいけれど、水着…着てあげてもいいかな、なんて…」「ううん、お願い、水着のワタシを見て…ホラ、貴方ももうこんなに…」

 ここから先はもうパラダイス!めくるめくオトナの世界!でもこれ以上は書けません!お子ちゃまは寝る時間ですよ!

 …とまぁそんなワケで、長い人生一度くらいは「フェティシストなんですね」なんて言われてみてもいいんじゃないかな、なんて思ったりしてるんですが、話の前提が激しく間違っている上、そもそも私はアルコール駄目なんで、こんな夢の実現は来世以降でないとありえません(笑)。とは言え、「甚六さんにだったら私、水着姿を見せてあげても…」なんて奇特な方がいらっしゃいましたら、それはそれでOKですので是非ご一報を。女性限定。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

4/24挨拶・期待の童話作家

 …「ほめ子さんの世界やおい童話シリーズ」にもう続きが出る事はないんでしょうか。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

対論併記

 チェ・ジウ主演の韓国映画「連理の枝」が公開されているようですが、何かベタベタの韓流お涙頂戴ストーリーという事で、おすぎが「中身がない」「救いがない」「肝心の『連理の枝』がショボすぎる」とやたらめったらけなしていました。

 一方、「超映画批評」というサイト様ではこの映画に「オススメ」の評価を出しています。理由はリンク先を見て頂ければ判りますが、要するに「ベタベタの韓流お涙頂戴ストーリーだから」という事みたいです(笑)。そういうのが見たい人にはオススメなのかと。

 …さぁ、アナタはどちらの評価を信用します?私は韓流なんてそもそもどーでもいいんですけれども。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

4/21挨拶・明日の予定

 スギ花粉シーズンも終わり、明日は久しぶりに布団が干せそうです…煎餅布団が最近つらくて。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

しっかりして下さいカントク

古田、自分で自分に“特打指令”「監督がやれっていったんで」

 これはつまり「限界を超えるほどの激務に精神が耐え切れず、選手としての人格と監督としての人格に分裂してしまった」というヤツでしょうか(絶対違います)。

 古田選手が突然「とぅるるるるる」とか口走って電話を探し始めたら要注意ですので、関係者の方々は注意深く彼を見守ってあげて下さいね!

 …あと今日は見事な逆転でしたね。明日も頑張れヤクルト!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

4/19挨拶・タイムパラドックス?

 「電車が遅れていたせいで目的地に早く着いた」というケースが最近よくあります。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

春眠暁を覚えず

 四月も半ばを過ぎ、「三寒四温」が「一寒六温」くらいに感じられるようになってきた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 当然夜間や明け方も大分暖かくなって、俗に言う「春眠暁を覚えず」という状態の人も多いのではないかと思われます。私なんぞも自他ともに認める筋金入りのネボスケですから、例えば昼飯を食べた後の仕事なんてのは、もう殺人的な睡魔と壮絶なバトルを繰り広げながらこなしております。ちなみに「春眠暁を覚えず」という故事、決して「中国福建省に住む春眠ちゃん(11)が、何度教えられても『暁』という字を書く事ができなかった」とかいう意味ではありませんよ?そんな事は百も承知ですかそうですか。

 ところで、少し前に「より良い眠りを得るためのアイテム」なんてので「ナイトミルク」という物が話題になった事がありました。「睡眠ホルモン」などとも呼ばれ、睡眠を促す作用のある神経伝達物質メラトニン、夜まだ暗いうちに搾った牛の乳にはこのメラトニンが通常の3~4倍も含まれていて、これを寝る前に飲むと格好の催眠薬になるというシロモノです。

 ここでふと思ったのですが(本ブログにおいて、この文章で始まる以下の内容は大抵しょーもないものですが、今回も期待は決して裏切りませんのであしからず)、牛のオッパイにメラトニンが含まれているとしたら、果たして人間のオッパイはどうなのでしょうか。人間のオッパイにも、夜になるとメラトニンが多く含まれていたりするのではないでしょうか。もしそうだとして、人間に及ぼす催眠作用は、多種族である牛のメラトニンよりも、人間のそれの方がより強力なのではないでしょうか。

 …そう言えば、エッチの後でそのまま寝ちゃったりするのは、すごく気持ちのいいものだという話があります。アレはもしかしたら、女性のオッパイが分泌するメラトニンを直接あるいは間接的に体内に取り込んだ事によって、その催眠作用が働いた結果なのかも知れません。女体の神秘、オッパイの神秘とは、まだまだ奥の深いものなのですね!さぁ皆様ご一緒に、エイ、エイ、オッパイ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

4/16挨拶・子どもじゃあるまいに

 昨日ヘソのゴマ掃除したら腹壊しました。齢30にもなって何やってんだか…。甚六です。

 このところ更新サボリ気味で申し訳ありません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐ろしいものの片鱗

(AA略)

あ…ありのまま こないだ起こった事を話すぜ!

『おれは目の前にあったお茶を飲み干したと
思っていたらまだ半分残っていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何がどうなってるのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 

 

 …「もっと恐ろしいもの」…すなわち「若ボケ」でしょうか…。

 本気でオカンに「お茶注ぎ足した?」って聞いた時の、オカンのポカン顔といったらなかったよ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

4/11挨拶・非にて似たるもの

 今日午後10時から始まった稲垣吾郎主演のドラマと、漫★画太郎が今YCで書いてるマンガの原作が同一である、というのがとても信じられません。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

カミングアウト?

3足のワラジはキツイよ…古田人気限界説も

 「古田人気限界説」という見出しには若干の語弊があると思いますが、確かにその労力は想像できないものでしょう。以前NHKの「にんげんドキュメント」が、ヤクルト・古田選手兼任監督を取り上げた事がありましたが、そこでは古田選手の「選手と監督の両方の立場にある」という苦悩と、しかしそれに立ち向かい、彼の目指すものに近づいていこうとする姿が見て取れました。いちファンとして、改めて彼の事を尊敬してしまいました。

 …そう言えば先日、中居正宏が「ブラックバラエティ」の中で「オレは(現巨人監督の)原さんに迫られたらOKしてもいい」とか公言してたんですが、私も「古(略)」とか考えたり考えなかったり。そうなると問題が一つ出てくるんですが、よく野球のバッテリーではキャッチャーを「女房役」とか言ったりしますよね。という事は古田選手が受

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

4/10挨拶・違いの判る男

 左右の絵を見比べる間違い探しに、「立体視」を使うのって邪道でしょうか。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

成分解析

 今流行りの「成分解析 on WEB」をやってみました。

 当ブログの解析結果はコチラ↓

 blogときめきMIDNIGHTの56%は大人の都合で出来ています
 blogときめきMIDNIGHTの34%は玉露で出来ています
 blogときめきMIDNIGHTの6%はお菓子で出来ています
 blogときめきMIDNIGHTの3%は言葉で出来ています
 blogときめきMIDNIGHTの1%は理論で出来ています

 ついでに、管理人の解析結果はコチラ↓

 甚六の52%は大人の都合で出来ています
 甚六の41%は回路で出来ています
 甚六の3%は気の迷いで出来ています
 甚六の3%は心の壁で出来ています
 甚六の1%は理論で出来ています

 …「大人の都合」が主なのはまぁ許容範囲なんですが、「ほとんど理論的でない」と言われてしまうとどうにも反論できません(涙)。しかし、管理人とブログの解析結果って、ここまで似かよるものなんでしょうか。恐るべし成分解析。

 今回の結果を踏まえ、今後は努力して「ATフィールド」が張れるように頑張ります。たった3%でも、鳥のフンくらいは防げますでしょ?…多分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

4/6挨拶・バリバリ更新したいけど

 このところ続いていたココログサーバ激重状態がようやく解消されてきたようで。ただ問題は、私の方でネタを練り込む時間が十分に取れない事…。もっと時間が欲しい。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

頑張ってよ監督

大不振の古田PM…調子上げるか自分が下がるか

 開幕戦の時も監督の打撃不調は見て取れましたが(3/31日記参照)、17打数でわずか1安打、まさかこれほど深刻だとは…今日はスタメンから外れたようですが、監督判断としては仕方ないでしょう。

 選手と監督、おそらく他にももろもろ含めて兼ねてて大変なんでしょうが、自ら選択したからには何とか乗り切ってほしいものです。とりあえず今日も負けてヤクルト4連敗…頼みますよホント…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

4/5挨拶・火事には気をつけて

老舗うなぎ店全焼、長年たまった脂があだに

 けが人が出なかったのが不幸中の幸いですが、こういうのはやはり「ギャフン」と言うべきなのでしょうか。1日も早く再開できる事をお祈り致します。

 …その後でお店の情報を確認してみたら、定休日に「火」と書かれているのに気づいて、もひとつ「ギャフン」。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

輝きを放つコンバース(カブでも可)

 ちょっとブログのアクセスを解析してみたら、4月2日の21時~22時にかけて、アクセス数が異様に跳ね上がってました。何故かと思ってリンク先を確認してみたところ、何とこのブログで応援しているお笑いコンビ、カンニングの竹山の記事。

 その時間は私も見てましたが、日テレで「大ブラックバラエティ」をやってたんですよね…確かご飯のおかずをゲットするコーナー(というより他に説明のしようがありません)において、竹山が大活躍。「ジャイアンツの歴代ドラフト1位入団選手を当てる」というクイズでは正解につながる発言をし、その後の「おかずを食べられる人を決めるストラックアウト」では見事に「全員」の板を落として一躍ヒーローになりました。

 すごいよ竹山!頭が輝いてたよ竹山!その後のヨシズミのレポート見ながら寝てたっぽいけど、カッコ良かったよ竹山!何故か黒バラでは「さいとう」とか「カブ」とか、あとこないだはコンバースのTシャツ着ていたせいで「コンバース」とも呼ばれてたけど、ところで相方の中嶋の具合は今どうなのよ竹山!

 …今春からは冠番組も始まるそうで、まだまだ好調のカンニング竹山。「blogときめきMIDNIGHT」は、カンニングを応援しています。応援していると言っているワリには敬称略ですが(笑)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

4/4挨拶・ヤクルト谷?

060404

 今日19時30分頃、Yahoo!スポーツのヤクルト・巨人戦の試合速報がおかしな事になってました。(画像キャプチャー時に縮小したら、大事な部分があちこち潰れちゃってちょっと残念)ヤクルト今日はもう一息だったんですけど…。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オカマの節句

 本日4月4日、俗に「オカマの節句」「薔薇の節句」なんて言うヤツですね。3月3日「桃の節句」と5月5日「端午の節句」のちょうど中間にあたりますから。

 個人的に「オカマの節句」はド直球で「菊の節句」、つまり9月9日でもいいかと思うんですが(笑)。この日は「重陽」とも呼ばれ、他の五節句(1月7日「七草」、「桃」「端午」、7月7日「七夕」)と比べても特にめでたい日だと言われてますが、そのワリにはイマイチ忘れ去られてる感があります。 

 男女の狭間で揺れ動いている皆さん、今なら9月9日はお買い得ですぜ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

4/3挨拶・人の振り見て何とやら

“ナイス唱ット”!藍、CMソングでノリノリ歌手デビュー

 ヒント・今井メロ。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

イベントに乗り遅れた男

 …そう言えば、4月1日は完全にスルーしましたね。

 エイプリルフールなんてのは年に一度のイベントですし、こちらも何も準備してなかったワケじゃないんですが、何せウチのオカンが足の骨を折りまして。

 どっかの階段で転んだかなんかで、状況は足の指とか甲の骨とかが数本折れた程度。入院とかそこまでのものではなかったんですが、それでも安静にしてなきゃならない事には相違ないワケで。車を出して病院に行ったり、オカンの代わりに食料や日用品の買出しや家事をやったりとそれなりに忙しくて、それで土曜日は1日潰れてしまったような感じでした。

 まぁ、これまで家事はオカンにほとんど任せていた身としましては、「ありがたみ」とまではいかないにしてもその辺り感じるものがあるわけでして。「孝行のしたい時分に親はなし」なんて事も言いますから、とりあえずケガが治るまで1ヶ月~1月半くらいの間、面倒見てやろうかと思ってます…。

 …「実はケガ自体がエイプリルフールでした!」とかいう話はありませんでしょうか(笑)。今なら笑って許してやるよ、オカン…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »