« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

5/31挨拶・成年の主張

 「オッパイとは、ただの脂肪の塊であってはならないのです!」

 …甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

今年のヤクルトは

リグスが決勝2ラン=プロ野球・ロッテ-ヤクルト

 今年のプロ野球では、「攻撃力は高いけれども守備力が今二つ」という、例年のヤクルトのイメージからはかけ離れた彼らの姿が見られます。今日の試合もまさにそうでしたが、点差がどれだけあっても安心できない。もう見ている方は気が気でなりません。

 リンク先の記事でも「ロッテは最後は継投が裏目に」と書かれていますが、継投がうまくいってないのはむしろヤクルトの方です。今日は坂元と木田がダメでしたし、高津や五十嵐もいまいちピリッとしません。例年のヤクルトは投手でもってたはずなんですが…。

 …とりあえず、明日もう1個勝って、交流戦の首位は固めといて下さい。せっかく今調子がいいところなんですから…お願いしますよ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

5/30挨拶・機械に腹が立つ

 駅で切符を買う際、券売機に小銭を入れた後で金額が少ないのに気がついて、一生懸命小銭入れを探っている時、券売機に言われる「挿入金が不足しています」のアナウンスがもうすごいムカツきます。

 「うっさいな!カネが足りねーのは判ってんだよ!今探してるんだから文句言うな!」…甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

追悼・岡田真澄

俳優の岡田真澄さんが死去 映画、舞台で活躍の二枚目

 男も羨むダンディな方でした。7歳の娘さんを残し、さぞかし無念である事でしょう。

 ネットや報道など、今日はあちこちでこのニュースが取り上げられていましたが、私もご冥福をお祈りさせて頂きます…。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月29日 (月)

5/30挨拶・白濁ジャンキー

 最近「豚骨ラーメン中毒」にかかっているようで、あの白濁スープと紅しょうがが恋しくてなりません。また中性脂肪が…。甚六です。

 ついでに、今日食べた豚骨ラーメンはひどかったとです…(涙)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

想定の範囲内

 …ええ、先日は確かにそんな事を言ってましたがね。

 ただ、まぁ、やっぱりそうなるのかな、って感じは、初めからありました。好みのタイプは頭のいい娘なんですけど、スポーツ少女もツボなんですよ、ワタクシ。

 実際に組してみても、行動パターンは読みやすいし、話も繋がりやすいし。一番最後に出会ったはずなのに、いつの間にか彼女の姿を追う日々になってましたね。積極性とストーカーはあくまで別物ですよ、別物。

 …てなワケで、今現在は明日夏タンにゴロゴロしているワタクシこと甚六であります(まだ1周目←しかもバッドエンド)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

復活間近!

カンニング中島、間もなく退院

 「白血病で入院」とのニュースからもう大分時間が流れましたが、再びテレビ画面の中でお目にかかれる日も近いようですね…めでたい事です。

 「blogときめきMIDNIGHT」はカンニングを応援しています。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月25日 (木)

5/25挨拶・昨日の某番組を語る

 「自走式鹿脅し」はあの本気のアホっぽさがけっこういいと思ったのですが、「娘が不良と結婚」はあそこまでいくと、もうムダ知識とかじゃなくて単なるドッキリでしょ。アレをシリーズ化している時点でもう潮時?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

購入報告

 …もう30のワタクシ甚六ですが、

 『キミキス』買っちゃった!テヘ♪

 私も若い時分はいろいろとギャルゲー(一般向け)を買いまくり、友人たちから「ギャルゲーマスター」などという尊称(?)をつけられたくらいのものでしたが、エロじゃないやつを購入したのは結構久しぶりな気がします…体操服やスク水の画像でうっかりコーフン気味なのは、まぁ間違いじゃございませんが(笑)。

 おそらく土日は瑛理子タンとハァハァする事になりますでしょうか。探さないで下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

5/23挨拶・そりゃイカンでしょ

橋下弁護士、申告漏れ 税法…詳しくなかった?

 …「医者の不養生」の弁護士版でしょうか。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (1)

アタックチャ~ンス?

 今年の春から見ているドラマが何本かあるのですが(ドラマ自体続けて見るのは久しぶりです)、月曜日にフジでやってる「トップキャスター」の見どころは、天海祐希ではなく児玉清のコブシではないかと思います。どうしてもアレを連想してしまうのですが、いいんでしょうか他局なのに。

 博多華丸さんのモノマネは面白いですね。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」からファンになりました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

5/22挨拶・拾い物の動画

新世紀ミスター味っ子(完全版)

 …こは一体何ぞや?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

所変われば

韓国の「メード喫茶」に“現地オタク”殺到

 前回の挨拶(と言っても先週ですが)で「タイのメイド喫茶」のニュースを紹介した続き。

 …正直こちらはどうでもいいです。タイのメイド喫茶はメイド服とかお店の内装とかにエキゾチックな雰囲気があるように思われ、「一体どういうものなんだろう?」というワクワク感があるのですが、韓国のソレはハッキリ「日本のメイド喫茶のパクリ」と想像がついてしまいますので…萌えません。見に行く価値もないかと。

 …まぁ、管理人が嫌韓ってのもあるんでしょうけどね!テヘ♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

5/18挨拶・海を渡る日本文化

タイにも登場、メードカフェ=店名「アキバ」、女子大生らバイト

 画像!画像ぷりーず!!(テンション120%突破中)甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

コアな世界

 本が好きなもんで、仕事の暇を見つけては本屋に足を運ぶ私こと甚六なんですが、一応買うつもりのある本は発売当日に買うのが流儀でして、それゆえに毎月の書籍出版スケジュールの確認は欠かせないものとなっています。

 んで、いつも参考にしている太洋社さんのホームページで発売予定表が更新されていたようなので、早速来月分のスケジュールをチェックしてたんですよ。そしたら、文庫本の一覧の最初の方に、下のような表記がありました。

 6/1 天使はそれをジカクできない 講談社X文庫ホワイトハート   水戸泉

060517_1

 !!

 錦戸親方…ボーイズラヴ小説なんて書いてたんですか…?

 …いや、確かにネタとしては使い古しなんじゃないかと思われるんですけれどね、やはり「未知との遭遇」というのはサプライズなものでして。ましてや相撲とボーイズラヴときたら、両者を結びつけるのにはそれほど苦労はいらないでしょう。裸も同然の男達の若い肉体が、荒い息と汗にまみれて組んずほぐれつ、衆目の面前で相手を押し倒したり、激しく突き合ったりするワケですよ!需要のある方々にとっては、もう大興奮間違いなし!

 まぁ、モーホーでもデヴ専でもない私にとっては「相撲部屋に渦巻く愛憎劇、土俵の上は女人禁制」とか言われても激しく萎えるばかりなんですが。それはともかく、水戸泉先生の単行本「セーラー服は誰が着る!?」は白泉社文庫より明日発売予定です。力士にセーラー服ってアリ?

水戸泉メモリー(錦戸親方のブログ)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

5/17挨拶・早めに更新

 このところ深夜帯のココログサーバにすごい負荷がかかっているようで、ブログを更新しようとすると時間ばかりかかってどうしようもありません。ホントお願いしますよニフティさん?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

今日の(正確には一昨日の)至言

 2ちゃんねるスレ「なあ、おまえら「ツンデレ」の意味勘違いしてないか」より。

 106 :VIP774 :06/05/15(月) 07:44:22.81 ID:vb6gimLaO

 (「ツンデレ」という言葉について)

 もともとは、人前と二人きりのギャップの萌えからツンデレという言葉は生まれた。
 しかし、ツンのときに垣間見せるデレの成分に萌える人が増えだした。
 本来、ツンのときは一切デレを出さない方が本当の意味でツンデレだった。
 私見になるが、「隙のない服装→全裸」の悦びより「パンチラ」を望む人が増えたのだろう、ツンデレの意味も時代と共に変わっていく。

 …ツンデレ道は奥が深いものなのですね師範(←誰?)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

5/16挨拶・衝撃の事実

 え!ガリガリ君って15歳だったの!?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメさんにお願い

【ヤクルト】古田監督「師弟対決」先勝

 拝啓ツバメの皆様。

 このところ調子がいいようで何よりです。

 でも、安心して皆様の事を見守っているのには、少々点を取られ過ぎのようですね。

 心臓によくないので、もう少し投手の皆様が頑張って頂けると助かります。

 特にクローザーの石井。クローザーがしっかり試合締めないでどーするっての。

 毎度のように点取られるなバカ。それでよく大リーグ挑戦とか言えるな敬具。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

5/15挨拶・先週の積み残し

 「ヘドリアン女王」は、黒柳徹子が演じているものだと本気で思ってました。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ラストオッパイ

 先週土曜日の「エンタ」で、長井秀和の「エイ、エイ、オッパイ!」がラストという事なのですが…奥に何か言われたんでしょうか?

 …それはさておき、最近急激に「エンタ」がつまらなくなっているような気がします。その後の「恋のから騒ぎ」の冒頭のコントとさんまのコメントの方が4倍は面白い。

 原因は…出演者のレベルが下がってきてるんじゃないのかと。小梅とか桜坂とか、以前ならば明らかにワンポイントリリーフなのが、今はレギュラー張ってますし。ただ怒鳴ればいいってもんじゃないでしょーに…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

5/13挨拶・今日のショックな出来事

 「ヤマザキナビスコ」の「ピコラ」と「クレファー」が、全くの似て非なるものであるという事実を知り、愕然となりました。もう恋なんてしない。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

過ぎたるは及ばざるが如し

 「日本人が権威とかそういうものに弱い」ってのはよく知られています。例えばテレビで「とある栄養素が体にいい」なんて話をみのさんやマチャアキがすると、視聴者が一斉にそれに飛びついて商品が品切れ、なんてのはよくありますし、先週の「白インゲン豆ダイエット騒動」なんかも同じ事だと思います。

 そうした「体にいい栄養素」のひとつとして、「大豆イソフラボン」が以前から骨粗しょう症や乳がんなどの予防、コレステロールを下げるなどの効果があるとして知られてきましたが、これについても先日、「妊婦や子どもに影響がある」との事で、食品安全委員会から摂取量の上限値を規定するという発表がありました。

大豆イソフラボン、1日摂取量上限を食品安全委が通知

 大豆イソフラボンの1日摂取量の上限が70~75ミリグラムって…豆腐半丁でイソフラボンの含有量は30ミリグラム程度らしいですから、以外と少ないんですな。

 ずっとコレをやってみたいと企んでいたのですが…。まぁ子どもを作る予定もないし(←相手すらいない)、きっと問題ないでしょうけど。うんうん(血の涙を流しつつ)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

5/10挨拶・疲れました…。

 今日はやる事なす事全てが裏目に出るという、近年稀にみる凶運の日でした。明日はもう少しマシだといいなぁ…。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

久々の連勝だがしかし

ヤ14-8西(10日) ヤクルト4回に11点

古田PM“頭でっ勝ち”…初戦白星後2連敗の呪縛

 古田ヤクルト、パリーグ首位の西武相手に連勝。去年もそうだったけれど、ヤクルトは交流戦では妙に強い気がします。

 ただ、下の夕刊フジのニュース。「頭でっ勝ち」というフレーズはものすごく気に入らないのですが、「ヤクルトが乗り切れない理由」については納得できるものがあります。特に昨日、今日の西武戦はまさにそんな感じ。ホームラン主体の大味な内容で、これまでのヤクルトの「機動力を駆使した緻密な戦い方」とは程遠い印象です。6点取られた後に11点取り返すなんて、本当にヤクルトなの?

 …まぁ、勝ちは勝ちって事で、決して悪いわけじゃないんですけど。それにしてもラロッカはいい買い物したよなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

5/7挨拶・そろそろ通常営業

 ゴールデンウィークもあっという間に終わりですなぁ…次の祝日は7月の「海の日」ですから、この間実に2ヶ月以上。あーかったるいかったるい。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「ガリウスの迷宮」攻略指南

 もう1ヶ月以上前(3/23)になりますが、このブログで「ガリウスの迷宮」というレトロゲーを紹介させてもらった事がありました。

 その時よりもう少し突っ込んで説明しますと、この「魔城伝説Ⅱ ガリウスの迷宮」は、1987年にコナミがMSX用に開発したアクションゲームです。「魔城伝説」シリーズは全3作の構成で、他にはファンタジー風STGの「Ⅰ」、アドベンチャーを基本にごちゃ混ぜの「Ⅲ」が作られており、現在「i-revo」では「Ⅰ」と「Ⅱ」、およびファミコンに移植された「Ⅱ(ただしこの移植は失敗ともっぱらの評判)」をプレイする事ができます。ストーリーなどは上のリンク先に全部出ていますので、そちらを参照して下さい(前回紹介した際はうっかりしていたのですが、バックアップ&購入履歴から再ダウンロード不可ですので、購入時はご注意下さい)。

 このゲーム、今やっても非常に面白いゲームだと思うのですが、いかんせん当時のゲームの常として難易度がとても高い。謎解きのヒントや、クリアするのに絶対必要なアイテムの情報が、聞ける場所があれば儲けものというくらいで、基本的には全くのノーヒントです。かつての私も、何の情報もない状態では序盤で詰まってしまい、偶然に攻略情報を見るまではお手上げ状態でした。

 現在のように、攻略サイトや攻略本などがほとんどない時代。それにプラットフォームがMSXというマイナーなものでしたから、現在に至ってもこのゲームの攻略に関する情報は多くありません。そこで、一応オススメした人間の責任として、簡単に「ガリウスの迷宮」についてのアドバイスをまとめてみました。もしゲームをプレイする際、参考にしてもらえば幸いです。

【1.キャラクターの能力】

 まずこのゲームの基本は、主人公2人の能力をしっかり把握する事です。キャラクターは[F1]キーを押して入る「サブ画面」で切り替えができますが、白い「ポポロン(以下「ダンナ」)」と赤い「アフロディテ(以下「ヨメ」)」を使い分けを覚えておくと、より効率良くゲームを進める事ができるでしょう。

 ダンナとヨメには、以下のような能力の差があります。

①ダンナはヨメよりも高くジャンプでき、またボタンを押す長さによって高さを調節できます。ヨメのジャンプ力は常に一定です
②ダンナは泳げません。水の中に入ると、すごい勢いで体力が減っていきます。一方ヨメは長時間水の中にいる事ができます。
③ダンナは通路に転がっている岩を、3度の攻撃で壊せます。ヨメは岩を壊すのに15回も攻撃しなくてはなりません(ただし、普通の敵に対しての攻撃力は一緒です)。
④ヨメはサブウェポンを3連射までできます。ダンナは2連射までしかできません。
⑤ヨメには壊せない壁、通れない扉があります。
⑥城内には男子禁制、および女子禁制のエリアがあり、それぞれ禁じられたエリアには入れません。

 …マリオとルイージの差どころじゃないですね(笑)。

 ③~⑥についてはアイテムを入手する事で多少改善できますが、基本的な機動力はダンナの方が上です。先ほど「2人の使い分け」と書いたばかりですが、このゲームの中盤以降では、狭い足場をジャンプで渡って行かなければならない場面が多く、必然的にダンナメインでプレイしていった方が楽です。2人の交代はいつでもできますので、ジャンプの失敗や敵の攻撃などで水に落ちた場合のみ、ヨメに代えていけば問題ないかと。

【2.城内を駆け回る】

 このゲームの舞台は、悪魔に占領された「グリーク城城内」と、ボスである「大悪魔」が潜む「ワールド」に分けられています。

 ゲームをクリアするためには、10のワールドを踏破し、大魔司教ガリウスと9匹の大悪魔を倒さなくてはなりませんが、ワールドの門を開くためのアイテム「グレートキー」は、スタート地点から1つ右の部屋にあるものを除き、その時点で入れるワールドの大悪魔を倒さないと手に入りません。

 ワールドの門は城のあちこちにありますので、全てを巡るには城内をひたすら探索しなければならないでしょう(「ベル」というアイテムがあれば、目的のワールドに近づいた時、鐘の音で知らせてくれます)。ここではその探索にあたり、気をつけておきたい点を3つ紹介します。

 ①水と溶岩。城内の下層、および一部のワールドには、水や溶岩が溜まっている部屋があります。いずれも落ちるとダメージを受けますし、水からは魔物が、溶岩からは火の玉が現れてこちらを妨害してきます。なお、溶岩に落ちた場合はアイテムによる緊急脱出(後述)しか助かる方法がありません。

 ②ダメージを受ける仕掛け。主なものでは床や壁から吹き出してくるガス、上から落ちてくる岩、突然矢を撃ってくる騎士像、弾を吐いてくるモアイ(コナミですから!)などがあります。一部はアイテムを入手する事で無効化できますが、基本的に対処法は回避しかありませんのでご注意を。

 ③一方通行のワナ。具体的には、キャラクターが通過すると閉じてしまう通路や消える梯子などです。これらは見た目などで判別できないため、ハマった後に思わぬ遠回りを強いられてしまう事も少なくありません。なお一端ワールドに入り、そこから城内に戻ると、通路や梯子はちゃんと復活しますのでご安心を。

 また、ワールドには城内以上にいろいろな仕掛けがあります。一番多いのは「先に進むための通路や梯子が見つからない」というものですが、これは多くの場合「敵全滅」がキーとなっています。後半のワールドでは「ある部屋の敵全滅で別の部屋の通路が開く」なんてのもザラですので、「マップでは隣がボスの部屋なのに、梯子がどこにも見当たらない」なんて時は、とりあえず動ける範囲内の敵を全部殺してみましょう(笑)。

 あと、主にワールドですが、壁の中にアイテムや通路が隠されている場合があります。特にワールド2では、そうして手に入るアイテムがないと先に進めません。何かが隠れている壁は攻撃すると音がしますので、怪しい突き当たりなどは確かめてみて下さい。

【3.アイテムを手に入れる】

 城内には、いたる所にアイテムが落ちています。マイナスの効果を持つ物は存在しないので、見つけ次第片っ端から入手していけば、必ず冒険の助けになる事でしょう。

 アイテムは、矢筒や金貨、鍵といった「消耗品」、敵と戦う武器となる「サブウェポン」、持っていると何らかの効果のある「通常アイテム」に分けられます。消耗品はサブウェポンを使ったり、扉を開けたりするのに必要ですし、サブウェポンは特定の大悪魔を倒すのに必要になったりしますのでいずれも重要ですが、やはりゲームを進めるにあたって一番重要なのは通常アイテムではないかと。

 通常アイテムはキャラクターの能力をアップさせたり、一部の敵の攻撃を無効化したりと様々な効果を持ちますが、困った事にゲーム内で名前やその効果を確認する事ができません(今のゲームでは考えられませんが、昔はこれが常識でした)。そこで、ここでは特に「便利だが効果が判りにくい」アイテムを5点、簡単に紹介します。

「天使の輪」…スタート地点から1つ左の部屋にある、輪っかのようなアイコンです。サブ画面でリターンキーを押すと、城内、ワールドのどこにいても、スタート地点から3つ上の部屋に移動できます(ちなみに、この部屋ではいわゆる「復活の呪文」を聞く事ができます…どこでもセーブできる今は必要なさそうですが)。簡単に手に入る緊急脱出アイテムですので、忘れずに入手しましょう。

「聖書」…青い表紙に十字架の入った本のアイコンです。ゲーム中に[Ctrl]キーを押すと、あらゆる敵の動きを数秒間止める事ができます。後半のボス戦などで特に有効ですが、回数制限があるので要注意(確か16回)。

「羽」…黄色い羽のアイコンです。「天使の輪」と同じような効果で、サブ画面で数字キーを押すと、対応したワールドの入り口にワープできます(ただし、1度でも入った事のあるワールドのみ)。ワープ先を選べる上、先に紹介した小技が使いやすいので「天使の輪」より多少便利な感じですが、アイテムを取ろうとするとワナが発動するのでお気をつけて。

「短剣」…柄が赤い短剣のアイコンです。キーボードで「UMBRELLA」と打ち込むと、画面上のコウモリが全滅します。足場が狭くて飛び回るコウモリが鬱陶しい時や、経験値稼ぎに非常に便利なのですが、その代わりアイテムを入手するのが非常に難しい。ヒントは「とある場所を左右に移動している空中床に乗った状態で、カーソルキーを右、下、左、上の順に入れる」。場所は探してみて下さい。

「虫眼鏡」…アイコンはまんま虫眼鏡。これはサブウェポンに含まれます。便利というよりクリアには必須のアイテムなのですが、使い方がおそらく判りにくいと思われるのでここで解説します。

 ワールドを攻略するにはそこの大悪魔と戦わなければなりませんが、そのためにはワールド内の魔方陣のある部屋に行き、そこでパスワードを入力する必要があります。パスワードはそのワールドに点在する石碑のどれか一つに書かれていて、それを確認するために必要なのが「虫眼鏡」なのです。

 使い方はサブ画面で「虫眼鏡」を選択し、石碑と重なった状態でサブウェポンのキーを押すだけ。正解の石碑にのみパスワードが書かれています。なお、パスワードはワールドで固定ですので、あらかじめ各ワールドのパスワードを知ってさえいれば、このアイテムは全く必要ありません。

 これまでに紹介したアイテムを出現・入手するには①敵を倒す②岩などを破壊する③金貨を使って買う④特定の条件を満たす(敵の全滅など)という方法があります。消耗品は①~③、サブウェポンは②③、通常アイテムは②~④で手に入れる事ができます。

 また、ワールドにはこれらのアイテムとは別に「地図(サブ画面でマップを表示)」「聖水(ボスに与えるダメージ2倍)」「マント(ボスから受けるダメージ半減)」「ロッド(ボス戦でサブウェポンを使っても矢筒が減らない)」の4種類が落ちています。効力はそのワールドのみなので無理して集める事はありませんが、一応ボス戦で楽をしたい方は参考までに。

【4.戦闘指南】

 このゲームでは、(色数こそ少ないものの)実に多彩な敵が出現します。もっとも、ほとんどの敵にはパターンが設定されてますし、剣でもサブウェポンでも当てれば死んでくれますので、戦うのはそれほど苦ではないでしょう。

 ただ、普通のザコよりもカタくて強い「中悪魔」や、ボスであるところの大悪魔は別です。大悪魔は当然倒さなくてはならない敵ですが、それぞれに弱点が設定されている他、前述しましたが特定の武器でないとダメージを与える事ができません(例えば、ワールド4の大悪魔「ジャンボスライム」は、サブウェポン「マイン」を持っていないと倒せません)。

 また、中悪魔は普通に攻撃するだけで倒す事ができますが、弾を大量にバラ撒いたりキャラクターに向かって突っ込んできたりと、なかなか手強い相手です。しかもワールド内で遭遇する中悪魔は、多くの場合【項目2】で説明した通路出現などのキーになっており、先に進むためには戦いはまず避けられませんのでお覚悟を。

 ちなみに、敵の撃ってくる弾ですが、アイテムの「盾」を購入すれば防ぐ事ができます。キャラクターのグラフィックでは始めから盾を持っているように見えますが、この盾は紙でできているのか、何の役にも立ちません(笑)。

 売っている盾は金・銀・銅の3種類。銅はザコ、銀は中悪魔の弾まで、金は全ての敵の弾を防ぎますが、より強い盾はその1ランク下の盾を持っていないと売ってもらえません。最初に手に入る銅の盾は正直ほとんど役に立ちませんので、できるだけ早く銀以上の盾を買いましょう。なお、あまりないケースだとは思いますが、弱い盾を買ってしまうとアイテム欄が上書きされてしまいます。要注意。

【5.コネタ】

 最後に、知っておくと得をする(かも知れない)ネタを3つ紹介。

★「復活の呪文」を活用する…スタート地点から3つ上の部屋で教えてもらえる「復活の呪文」。ゲームのタイトル画面で[L]キーを押すと入力画面となり、ここで正しく呪文を打ち込むとゲームを再開させる事ができます。

 この方法でゲームを再開すると①消える梯子、閉じた通路が元に戻る②岩を壊すと出てきた消耗品アイテムが復活する③アイテム「聖書」の使用回数が復活する、などの特典があります。特に③は意外と重要なので、覚えておいて損はないかと。

★消耗品の稼ぎ方…矢筒、金貨などの消耗品は、いくらあっても困るものではありません。城内を一巡りすればそれなりの数が集まりますが、それでも金貨や鍵などは足りなく感じる事も多いでしょう。

 序盤戦から中盤戦にかけて消耗品稼ぎをするならば、スタート地点下方の水路に潜むタコのような中悪魔「マナー」がオススメです。コイツに限らず大型の中悪魔は倒すと数多くの消耗品を落としますが、序盤から出会える大型の中悪魔はコイツだけです。

 必要なアイテムはサブウェポン「ファイアー」。あとは「聖書」や銀以上の盾があると便利です。マナーの行動パターンは「水中に本体が現れる→触手を伸ばす→弾を2発撃つ→触手と本体が引っ込む」ですが、一旦触手を破壊すると、本体は引っ込まずに弾を撃ってくるようになります。そこを上からファイアーで攻撃すればOKです。アイテムの出現場所は水中ですので、回収は当然ながらヨメに任せましょう。

★制限クリアを目指す…前述の通り、アイテムはゲームを楽に進めるためには欠かせないものですが、理論上ゲームをクリアするために必要なアイテムは、サブウェポンを含めても5~6個程度しかありませんので、無理にサブ画面のアイテム欄を埋めようとする必要はありません。通常のプレイに飽きた方は「最低限のアイテムしか取らずにクリア」などを試してみては?

 以上、「ガリウスの迷宮」のアドバイスでした。新しくこのゲームをプレイする方々の参考になれば幸いです。

 …なお、今日のこの日記、こういうのは本来なら連休の直前とかにアップするべきなんでしょうが、実は文章書いたままほったらかしにしていて、たまたま掘り出したのが今日だったというワケでして。まぁ結構な長文ですし、このままお蔵入りにするのもちょっと惜しいんで、ゴールデンウィーク中更新をサボってた分としてアップさせて頂きました。

 そういえば、このところしばらくコナミのゲーム買ってませんでした…実に「MGS3」以来です。以前はコナミのゲームばかり買ってた時期もあったんですがねぇ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

5/2挨拶・明日からお休みです

 ウチの会社は暦通りでしたので、明日からようやっと連休に入ります。出かける予定?その前にゴミ溜めも同然の自室を少し何とかしないといけません。そんな連休。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

古田が決めた!

ヤクルト・古田がサヨナラ打=プロ野球・ヤクルト-広島

 来ました!ついに来ました!監督の1打がヤクルトに勝利をもたらしたというその瞬間が!

 今朝方には「燕・古田監督が“古田選手”にダメ出し」なんてニュースがあって、ファンとしては複雑な心境でしたし、今日の試合もホームランの判定で一悶着あったりしましたが、それでもやっぱり監督の1打で試合を決めてくれたのには感動しました。

 長いペナントレース、まだ4月が終わったばかりですから。これからも頑張って古田監督!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »