« 5/30挨拶・機械に腹が立つ | トップページ | 5/31挨拶・成年の主張 »

2006年5月31日 (水)

今年のヤクルトは

リグスが決勝2ラン=プロ野球・ロッテ-ヤクルト

 今年のプロ野球では、「攻撃力は高いけれども守備力が今二つ」という、例年のヤクルトのイメージからはかけ離れた彼らの姿が見られます。今日の試合もまさにそうでしたが、点差がどれだけあっても安心できない。もう見ている方は気が気でなりません。

 リンク先の記事でも「ロッテは最後は継投が裏目に」と書かれていますが、継投がうまくいってないのはむしろヤクルトの方です。今日は坂元と木田がダメでしたし、高津や五十嵐もいまいちピリッとしません。例年のヤクルトは投手でもってたはずなんですが…。

 …とりあえず、明日もう1個勝って、交流戦の首位は固めといて下さい。せっかく今調子がいいところなんですから…お願いしますよ?


« 5/30挨拶・機械に腹が立つ | トップページ | 5/31挨拶・成年の主張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103833/10335620

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のヤクルトは:

« 5/30挨拶・機械に腹が立つ | トップページ | 5/31挨拶・成年の主張 »