« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

6/28挨拶・皆が認めるあのお方

球宴ファン投票、古田監督が捕手でトップ

 選手兼任監督として頑張っている古田捕手。1ヶ月前に発表された「新入社員が選ぶ“上司”」でも堂々の1位でしたし、ファンのみならず見る人はちゃんと見ているという事でしょうな。

 いっその事、オールスターの監督もファン投票で決めたらどうかと。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏具セール中

 先日通りかかった仏具屋の店頭に「お盆特別セール」という張り紙がありました。

 今この時期に「お盆特別セール」は少々早過ぎないか、むしろ去年のを剥がしてないのでは?という気がしないでもないですがそれはひとまず置いといて。その張り紙が達筆だったせいか、「別」の字がちょっと見にくかったせいか、一瞬だけですが「お金持ちセール」と勘違いしてしまった事は内緒です。

 やたら豪華な仏壇とか金の仏像とか売ってるんでしょうか、仏具屋の「お金持ちセール」。儲かるのかな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

6/22挨拶・「ヴァルキリープロファイル2」発売!

 …という事で、しばらくの間更新頻度が著しく低下する可能性がありますのでご了承下さい(こんな挨拶でいいのか?)。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

以下の問いに答えて下さい

 先日の午後8時頃、道で通りすがった幼女とその親。お互い行き交ったその時、突然幼女が何か大きな声で言ったのだが、それは私には以下のように聞こえた。

 「チ○チンを、ぶっかけろ!」

【問題】以上の文章から推察される事柄で、最も適切と思われるものを以下の4択から答えなさい。

 ①私の耳(あるいは頭)がおかしい
 ②親の教育が少々間違っている(または親に何らかの原因がある)
 ③これは何らかのメッセージである(秘密組織・外宇宙との交信含む)
 ④《衝撃の事実》チン○ンは、実はぶっかけるものだった!

 配点→ ①…2点 ②…3点 ③…5点 ④…10点

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

6/18挨拶・クロアチア戦の「裏側」

 「歌しりとり」をやったり、出演者が画面にアップで映ったり、公共の電波使って何やってるんでしょうか「ブラックバラエティ」←サッカー見てませんでした。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

残念でした

 いやー残念。今日の試合も、あと一歩のところだったんですけどねぇ…もちろんヤクルトスワローズの話ですよ?

 今日勝てれば交流戦優勝確定、さらに巨人と入れ替わりでAクラス入りだったんですが、もう一歩詰めが甘かったような感じが。せっかくここまできたのですから、何とか明日の楽天戦、明後日の日ハム戦と連勝してもらいたいものです…とりあえず交流戦の優勝があれば、ペナントレースの優勝については贅沢言いませんので(笑)。

 …え?サッカー?だから見てませんでしたってば(挨拶参照)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

6/16挨拶・無印良品にて

 値段見ないでシャーペンを1本買ったら、何と500円近くも取られました。一瞬タヌキか何かに化かされたのかと、数秒間固まっちゃいましたね。でも「安いのにします」とは言えなかった私はヘタレ。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

黒猫の名前

 2ちゃんねるスレより抜粋。

415 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2006/06/05(月) 02:29:39 ID:A5t+wFIi
先日、黒猫を拾ったときの家族との名前会議
妹「やっぱ可愛いのがいいって!片仮名かつ漢字で書けそうな名前!!シオンとかアリアとか!」
私「漢字っぽいのはいいな、好きだし。でも呼びやすいのが一番だよ、二文字か三文字くらいの」
母「呼びやすくて可愛いなら、やっぱ食べ物の名前かな、チョコとかクッキーとか」
父「可愛いっつうても、人前で呼んで恥ずかしくならない程度な」

結果
うに(海栗)
……私達は、一体どこで間違ったのか……

 …これをことわざで表すと「船頭多くして船山に上る」てな感じでしょうか。日本語の語彙の豊富さにはつくづく感心させられます。

 でも、いいと思いますがね、ウニ。私は好きですよ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

6/14挨拶・いつの間に?

 最近、ふと見ると指の皮が切れて血が出ている、なんて事がよくあります。山と積まれた書類のせいだとは思うんですが…まさかカマイタチ?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツW杯・応援について思うこと

 …ふと思ったんですが、「相手の国の言葉で自国を応援する」ってのはどうでしょう。

 考えてみて下さい。今度の日曜日の対クロアチア戦、あなたがドイツ・ニュルンベルクのスタジアム、あるいはTV画面の前で日本代表を応援している時、どこからか「クロアチア頑張れ~!」なんて声が聞こえてきたとしたら、ちょっとドキッとすると思いませんか?

 例えばかの国なんかは応援の中で「テ~ハミングッ」とか言ったりしていますが、これって韓国語を知らない人には意味が判らない。つまり雑音と一緒なんですよね。電車に乗っている時、近くで外人さんが外国語でペラペラ談笑しているのと、オバちゃんや女子高生がベラベラ喋っているのでは、声量が同じ位でも後者の方が圧倒的に耳につくのと同じようなものです。

 そこで、「ガンバレ日本」とかそんな程度でいいですから、相手の国の言葉で話せるように練習しておくのですよ(ちなみにクロアチアの公用語はクロアチア語、ブラジルはポルトガル語ですね)。そして試合会場に行き、応援の際には相手に聞こえるように声を出す。ある程度の人数が集まらないと難しいでしょうが、相手のサポーターに聞かせる事ができたならば、間違いなくピッチ上にいる相手の選手にも声は届いているはず。相手にとって、日本語では「ただの雑音」として済ませられるものでも、自分たちの言葉では否応なしに耳に入ってしまうでしょう。選手の意識を、少しでも試合からそらせるかも知れません。

 また「相手の言葉を覚える」事は、相手とのコミュニケーションの第一歩にもなります。決して長いものでなくても、「おめでとう」「頑張った」などの言葉であれば、試合がどのような結果になったとしても、選手やサポーターに向けてかけてあげる事ができるでしょう。たった一言でも、相手と意思の疎通ができるのとできないのとでは、大きな違いになると思います。

 「サッカーは戦争だ」なんて話もあります。しかし、ただ勝ち負けを追及するだけでは、その後に残るものは何もありません。あくまでもサッカーはスポーツなのですから、試合が終わった後は悔いを残さず、そこから生まれるものを大事にしていくべきではないかと思います。そんな意味も含めて「相手の国の言葉で自国を応援する」、いかがなものでしょう?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

6/13挨拶・帰って来いよ

 ドイツからさ!(半分ヤケクソ)

 …もう今日はニュース聞きたくありません。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (1)

ドラえもんに育ててもらった僕ら

大山のぶ代“第2のドラえもん”育成する

 11日に池袋であったサイン会には行ってみたかったのですが、予定の折り合いがつかなかったのと整理券が手に入らなかったため断念。大山さんには、これからも精力的に活動して頂きたいものです。

 ドラえもん役を降板されてから、テレビやラジオなどで大山さんの話を聞く機会が何度かあったのですが、「ドラえもん」が日本中で(今や世界中ですが)愛されるキャラクターになったのは、作者である藤本氏はもちろん、大山さんをはじめとする声優陣の努力によるところも非常に大きいように感じました。著書「ぼく、ドラえもんでした。」は私もまだ未読ですが、大山さんの「ドラえもん」と共に育った世代の方々は、目を通して絶対に損はないはずです。興味を持たれた方は是非。

| コメント (0) | トラックバック (0)

瞬間最高視聴率って何?

日豪戦の平均視聴率49・0%、WBC決勝上回る

 50%近い視聴率とはさすがですな。ところで記事の中で「瞬間最高視聴率」という言葉が使われているんですが、これの意味するものがよく判らなくて、ずいぶん前から困って…はいないんですが気になってました。

 だって、例えば「何かのスポーツ中継でゴールが決まった瞬間○○%」とか「グラビアアイドル××のオッパイがポロリした瞬間△△△%(←3桁かよ)」とか、その一瞬で視聴率が最も高かったって事は、つまり「ゴールが決まるのを予測して、視聴者が一斉にチャンネルを合わせた」とか「オッパイが(以下略)」とか、つまりはそういう事なんじゃないんですか?視聴率をリサーチしている家庭ってのはみんな予言者か何かなのかと、そう考える人間がいてもおかしくないと思うんですがどうでしょう。実際にそう考えてる人間がここにいるワケですし(笑)。

 …んで、ネットで少々調べてみたところ、この「瞬間最高視聴率」ってのは、メディア側が勝手に作っただけのものみたいなんですな。詳しくはコチラを参照の事。何だ面白くない。

 とりあえず今日は、ネットやメディアを含め、どこへ行っても昨日の敗戦に絡んだニュースばかり流してるんで、何だか気分悪いです。日本全国で負けを引きずってる感じ。本来ならさらに応援に力を入れなけりゃならないって時にこれじゃあ、今年はもう諦めるしかないかな…?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

6/12挨拶・ハゲをごまかす

 俗に言う「ツンツン頭」って、地肌が透けて薄毛に見えるんですけど気のせいでしょうか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア戦終了

 あら~ドローどころかやられちゃいましたか日本。「もう勝てるかな?」という試合展開だっただけに、最終局面で運動量が落ちてきたところを一気に畳み込まれたのが本当に残念です。今日の試合は、フィジカル面でゲームのイニシアティブを大きく握られていたのが敗因ですかねぇ…。

 残る2試合でブラジル戦を含み、次のクロアチア戦では引き分けすらも許されなくなりました…それでも本戦出場は極めて厳しいですけど。とりあえず選手の皆さん、お疲れ様でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア戦前半

 とりあえず日本が先制点ですか。何だか相手のGKを上手く横に追いやってボールを通したような、ちょっとずるい1点のような気がしますが。

 ただ、勝ちに行くのなら前半でもう1点は欲しかったところです。後半は太陽が正面にくるようなので、戦いはより厳しくなると思われます。川口選手が相手のシュートを良くしのいでいるので、この調子で後半も防ぎ切れればいいのですが…。

 しかし、さすがはオーストラリア。高さでは全然敵いませんな。日本代表もヘディングでボールをポンポン飛ばすのを、少々控えたらどうなんでしょう?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

6/9挨拶・日本人は日本語が話せればいいのです

 「アンチエイジング」という言葉を見聞きすると、どうしても「アンチエイリアス」を思い浮かべてしまいます。普通は逆でしょうか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな抵抗?

 現実には確実に存在しながらも、「キミキス」には背景にすら現れず、その他の恋愛SLGにおいても、攻略対象として現れる事は稀な属性「コギャル(死語?)」「デヴ」「腐女子」。

 ものの見方によっては、アレは「萌え」という現代のムーヴメントに対して、彼女たちの精一杯の抵抗の表れなのではないかと、そんな事を思わないわけでもないこともないかも知れない。まぁ確かに、あんなのに「萌える」なんてのは、未来永劫あり得ないと思いますがどうでしょうか。

 …ただ同様に「DQN」「ピザ」「キモヲタ」も(エロゲならともかく)恋愛SLGに出てくる事は稀であります。要は人前に出てくるならもう少し身なりやらスメルやらに気を使ったらどうなんだとも言いたいのですが。結局私は誰に文句があるのでしょう?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

6/8挨拶・忘れていたもの

 このブログのタイトルは「blogときめきMIDNIGHT」じゃなくて、

 実は「blogときめきMIDNIGHT」だったんですよ!

 …管理人である私すらもしばらく忘れていましたが。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本はどこまで勝ち進めるか?

 いよいよ明日開幕のドイツW杯。我ら日本代表も12日にオーストラリアとの初戦を控え、今後も(主にマスコミを中心に)この話題が盛り上がっていくものと思われます。

 まぁそんな中、私も素人ながら、日本代表が予選を勝ち残れるかどうかの予想を立ててみる事にしました。ブラジル・クロアチア・オーストラリアを相手に、ズバリ私の考える予選成績は!

 …3分け、というのでどうでしょう?

 まずブラジルですが、クロアチア・オーストラリアには問題なく勝つでしょうから、その時点で勝ち点6。ベスト16進出はほぼ確定の位置です。とすれば、ブラジルは残る日本戦において、主力を温存するとかしてくることでしょう。また日本には「神様」ジーコがいますから、ブラジルが空気を読んでくれれば、さすがに勝ちはなくとも、引き分けくらいには持ち込めるかも知れません。

 その他のクロアチア・オーストラリアは、両者ともFIFAランキング上では格下の国ですが、決してあなどれる相手ではありません。どちらもレベルの高いサッカーをこなせますし、欠点もこれといったものがありません。むしろフィジカル面で劣り、不安の多いFW陣を抱え、決定力不足という重大な欠点のある日本の方が状況は厳しいと言えるでしょう。点を取られなければ負けはありませんが、点を取らなければ勝ちもありません。2戦とも0-0とか、1-1くらいで引き分けるんじゃないかと。

 よって、合計で「3分け」という予想なのですが、これで予選を突破できるのかというと非常に厳しいラインです。この予想における、日本・ブラジル戦終了時の勝ち点をまとめると以下のようになります。

 ブラジル…2勝1分け・勝ち点7
 日本…3分け・勝ち点3
 クロアチア…1敗1分け・勝ち点1
 オーストラリア…1敗1分け・勝ち点1

 クロアチア及びオーストラリアには、ここに両者の直接対決による勝ち点が加算されます。仮に両者が引き分ければ、日本がリーグ戦を突破できます(Kの国あたりに「日本はWBC同様、漁夫の利をもって勝ち上がった」とか言われそうです…)が、もしどちらかが勝ったならば、その国が勝ち上がる事になります。いずれにしても、予選突破は難しいところです。

 …まぁ私とて日本人ですから、当然自国の選手がW杯という場において活躍してくれる事を望んでいます。しかし現状を見た上では「3連勝で予選突破!」とか語る事は、とてもじゃないが恥ずかしくてできません。勝ち残るのは相当厳しいと思いますが、選手の皆さんには精一杯頑張ってほしいものです。

| コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 6日 (火)

6/6挨拶・ぴょこ、にょろ、ぬら

 先日、粋曲というのを初めて聴きました。蛙とヘビとなめくじの曲がなかなか面白かったのですが、これ以上の説明ができないという自分がちょっともどかしい。…いえ、決して文章力の問題ではないんですよ?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

貯金をだいじに

【ヤクルト】2安打投球も報われず

 もうリリーフ・ストッパー陣が不安だらけで、接戦では全く勝てる気がしません…だいいち、5点くらい差があってもワリとあっさり追いつかれちまうんですから。何で好調のガトームソンを代えちゃったんですかカントク…?

 せっかく好調だった交流戦も、パリーグ上位陣を相手にするようになったここにきて、負けが込んできています。辛うじて交流戦首位はキープしていますが、できるならばもうちょっと頑張って下さい…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

6/4挨拶・大人の男の悩み

 最近カンニングの竹山さんが、頭頂部が薄くなってきたのをテレビなどで自他問わずネタにされてるのを見、「明日は我が身」と戦々恐々としている毎日です。昨日の「エンタ」の出演も、そろそろ復帰会見かと思ったのですが…。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

親になるための資格

 児童虐待のニュースを良く聞きます。先日も両親がパチンコに夢中になっている間に、車内に放置された乳児が死亡するという痛ましい事件がありました。人の親という身でありながら、自分の子供の養育を、何故そんな簡単に放棄できるのでしょうか。

 思うに、精神が子供のまま大人になってしまった親が、親になるという自覚を持たないまま「できちゃった婚」などで親になってしまった大人が増えているのではないでしょうか。「子供はおもちゃか、あるいは厄介者」そのように考える親は、確実に存在すると思われます。こうした大人たちに、親としての資格はありません。

 これからの世の中、親になる人たちには「親の役目と心構え」みたいな話をしなければならなくなるのでしょうか。親になるために、免許が必要になるのかも知れません。少子高齢化が進んでいる今の日本において、子供は重要な存在なのですから、一刻も早く有効な対策が行われる事を期待したいところです。

 …ところで、親になるために免許が必要になるとしたら、神聖なる子作りの儀式であるところの×××にも当然免許が必要になってくるのではないでしょうか。立派な国民を育てるため、国家が認定した子作り免許。仮想プレイはまだ問題ないとしても、無免許での違反者は即去勢です。性犯罪者への抑止力ともなる事でしょう。

 無論、教習所などもできるかも知れません。学科では様々なテクニックとか道具の使用法、四十八手などの知識を教えてくれるでしょう。実技に関しては言わずもがな。所内である程度基礎を覚えたら、今度は外に出てさらなる経験を積むのです。アオカン?

 そして晴れて免許をもらえたならば、アナタはもう国家の未来の為、TPOを問わずに子作りができるようになるかも知れません。無論その結果には責任が伴いますが、イタしたところで100%子供ができるわけではありませんし、近藤さんなどの対策を立てておけばその辺の問題もバッチリ解決です。どうです?「子作り免許」アナタは欲しくありませんか?

 …と、ここまで書いたところで、「イタす相手も、当然免許を持っている人を選ばなくてはならないのでは?」という疑問に辿り着きました。一度そこに行き着いてしまうと、その後どうやっても夢も希望もない話になりそうなので、今日はこの辺でやめさせてもらいます。

 あと話の前半と後半で全く内容が違ってますが、一応今日の日記のカテゴリは「オトナの話」にしてありますんで。コメント欄に文句書いてもいいですが、確信犯ですから陳謝は致しませんぜ?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

6/3挨拶・人面石がきた

060603

 「オメェコロス」(人面石語で「おまえ最高」)

 ヤフオクで手に入れました。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

敵を欺く

 海外ブックメーカーのオッズなんか見ててもそうですが、今回のサッカードイツW杯、日本は甘く見られているようですねぇ…。むしろ試合前には、その方が都合よかったりとかするんでしょうが、先日のドイツとの親善試合、日本のプレーが他国の警戒感を強めてしまったようです。

日本と同組メディアから楽観論消えた

 「敵を欺くにはまず味方から」なんて事も言いますが、あの試合は負けたら負けたで日本国内での不安が噴出したでしょうし、何気に引き分けがベストの選択だったのかも知れませんね。最後に「守備の不安を露呈」したのも実は情報戦略だったりしたら、それこそジーコの神算恐るべしと言えるかも。

 まぁ、ここにきてFW陣にいろいろと不安要素が出てきているようですが、勝負はやってみない事には判りませんから。日本代表の皆さん、全力を注いでみて下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

6/1挨拶・駄菓子屋さん

 営業ルートの近くに大きめの駄菓子屋を発見。今日1日仕事して、最大の収穫です(笑)。

 …ところで、駄菓子屋のニオイって、カキ氷のブルーハワイのそれに似ていると思いませんか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ブログは趣味ですから

2ちゃんネタは誰のもの? スレ紹介ブログの閉鎖相次ぐ

問題まとめページ

 最近、俗に「2ちゃんねる系」と呼ばれるブログが立て続けに閉鎖(逃亡?)するというのが続いていて、基本的に住人でない私には「何か問題が起きたらしい」という程度の事しか判らなかったのですが…まさかヤフーのニュースで取り上げられるような事態だったとは。

 私もこのテのブログは物こそ買いませんでしたけど結構良く覗いていて、それなりに楽しませてもらってはいたんですが…「人様のフンドシで荒稼ぎ」なんてのがバレたら、そりゃ叩かれても仕方ないですわな。

 私なんかはこの(何の広告もない)ブログを見て頂ければ判るとおり、純粋に趣味で文章書いてるだけですから、今回の話については「ああ、そうなの?」というくらいの感想しかありません。まぁ、飯のタネをなくしてしまった皆さん、今度は自分のチカラで頑張って下さいね♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »