« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

10/31挨拶・「ただ、君を愛してる~」

 大塚愛の新曲「恋愛写真」のサビの部分を聴いて、オカンが一言。

 「…これが『テルーの唄』ってやつ?」

 惜しいと思いました。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

多くは語りませんが

抱きマクラ買っちゃいました~!

(リンク先は18禁です)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

10/26挨拶・今更遅いですか?

 データによると中日って、日本シリーズでの勝率は他球団と比べてもダントツの最下位なんだそうですね。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

まさかのパクリ

 誰もが知っていて当然、と思われているような話でも、いざそれについての質問をされると戸惑ってしまう、なんて事はありませんか?

 例えば、重さの単位である「キログラム」。メートル法による質量の基本単位で、世界を見渡しても知らない人はほとんどいないでしょう。で、この単位は「㎏」という記号で示されますが、当然コレは「キログラム」という英単語を縮めたものであるわけです。さて、ここで問題ですが、あなたは「キログラム」という単語をちゃんと書けますか?

 これがパッと出てくる人って、意外と少ないのではないでしょうか。大多数の人はラ行の部分に使われるアルファベットが「L」か「R」かで悩むはず。私も問題出している身ですが答えられません。自慢じゃありませんが、日本語以外は全く不自由な身の上でして…。いや、別に海外なんて興味ありませんし。第一本州から見れば、北海道や四国だって「海外」でしょ?

 まぁそれはさておき、正解はちゃんと辞書で調べてみる事にしましょう。最近はネット辞書なんてものがあるから便利ですね。私がいつもお世話になっている「@nifty辞書」を使ってみます。

0610261 (クリックで拡大)

 フム、正解は「kilogram」ですか…Lが先にくるんですね…後ろに「me」を付けるとフランス語になる、と…。

 ん?!

0610262 (クリックで拡大)

 せ、生理用品出たー!!!!

 KO・U・HU・N☆

 「ビジネス英語」とか「新聞研究」などの単語に混じって異彩を放つ、まさかの基礎知識。

 …もしこれが何かの偶然で巡りあわせたものなのだとしたら、もしかするとこれは、昨日あんなネタを書いた私に対して、全てを超越した存在が送ってきたサインなのでは…!

 …というワケで、世界にはまだまだたくさんの謎が潜んでいる、という事なのですよ!!

(まさかの某超有名写真素材サイト様の構成丸パクリに会場騒然)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

10/25挨拶・生ける凶器

 今日はあちこちで道路が混雑したり電車のダイヤが乱れたりしていたようですが、とりあえず「満員電車の中のマナーを守らない太ったオバハン」ってのは、凶器として認定してもいいんじゃないかと思うのですよ。あーもう、2つの意味でにくにくしい。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

にくづきにあなにいたる

 ハーイよい子のみんな、今日はエロネタですよー!ケも生えてないようなお子チャマはこんなブログなんか見てないで、ママのおっぱいでも吸ってなさーい!(←私は人妻属性はありません)(←いらん事言うな)

 まぁ、それでも誰が見てるか判らないので、一応文字を伏せときましたー!ちょっと見にくいけど、見る時はあくまで自己責任でー!(そうか、エロネタの時は全部こうすればいいんだ…)

 …と言うわけで、ネタはここから↓

 アダルトビデオやエロゲなどでよく使われる「中出し」という言葉ですが、あれの「中」っていう漢字、時々「にくづきにあなにいたる」と書く漢字をあてる事がありますよね(つーかこれだけでもエロい)。

 …ふと思ったのですが(ふと思ったきっかけは内緒)、通常のまぐわいにおいて、その最終目的地であるところの「コブクロ」は、「にくづきにあなに(ry」のさらに奥にあるワケじゃないですか。なのにその「なか出し」では、字面通りに考えれば「目的地の手前で漏らしちゃった」というようにもとれます。まぁ、人間のまぐわいは、動物のそれとは少々異なる趣があるものですが、中出しの「中」にあてる言葉としては、字数は合いませんが「コブクロ」の方が本来の姿に近いんじゃないでしょうか。

 だがしかし。「中出し」という言葉はあくまで日本語です。諸外国で使われている「中出し」に相当する単語を調べる、なんて面倒な事はしたくありませんが(そもそも方法が判らない)、日本語の「中出し」にそういう字があてられるという事については、何か深い意味があるのではと思われます。

 下にソースを挙げておきますが、日本を含め、アジア人の「サオ」の長さの平均は、白人や黒人のソレと比べて短いとされています。近代に入るまで日本人は、白人や黒人との関わりがほとんどありませんでしたから一概には言えませんが、もしかしたら日本人には、自分たちの「サオ」が短いのでは、という意識がどこかにあったのかも知れません(馬とかは普通にいましたしね)。

 また、一般的に「にくづきに(ry」の長さは7~9cmくらいだそうです。ただ、「にく(ry」は伸縮性に富むため、まぐわい時や分娩時などにはかなり伸展するとの事(さすが女体の神秘)。前述の意識と相まって、日本男児の頭の中に「我々の武具では、どんなに頑張ってもコブクロまで到達できないんじゃないか」という思い込みができたとしても、決して無理はないでしょう。

 そこで日本人は「我々のサオは短くて奥まで届かないけれど、子作り自体はできるんだぞ!」という、少々自虐的な意味を込めて、中出しの「中」に「にく(ry」の字をあてる事にしたのです。これぞ先人の慧眼、日本語の妙と言えましょう。ちょっと自虐的だなんて、まさに日本人向けじゃないですか(笑)。

 …まぁ、そんな哀しい星の下に生まれた我々日本人ですが、決して悲観する事はありません。下のソースによれば、日本人のサオの膨張率は世界でもトップクラスなんだとか。長さでは引けをとっても、硬度とインパクトでは十分世界と渡り合えるのです。そしてさらに、海を越えたところに住むとある民族は、日本人よりもさらにナニが短いんだとか…。

 嗚呼、ニッポン人に生まれてきて良かったなぁ!(注・今日の文章は「愛国心教育」を推進する目的のものではございませんのであしからず)

ソース1

ソース2

 …最後に。わざわざ文字を伏せておきながら、そのものズバリの名称を書く事ができない私のヘタレっぷりにつきまして謝罪します。読みにくい文章で大変申し訳ない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

10/24挨拶・それほど興味はございませんが

小笠原が逆転打!日本ハム、地元で快勝=日本シリーズ第3戦

 今年の日本シリーズは日ハムが優勝しそうですな。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

自己を見つめ直す

 結構有名なやつだとは思うんですが、こんな心理テストがありますよね。

「あなたが恋人に望む条件を3つ挙げて下さい」
「3つ条件が出た後で、あと1つだけ条件を考えてみて下さい」

 【診断結果】(一応バレなので反転→)「最後に出した条件こそが、あなたが深層心理の中で恋人に求めている条件です」

 先日ちょっとやってみたのですが、私の答えは「おっぱい」でした(即答)。以前は筋金入りのおっぱい星人だった私、最近になってナイチチへの理解が深まり気味だったのですが、どうやら芯はブレていなかったようです。どのみちダメなひとですかそうですか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

10/20挨拶・おととい思った事ですが

 「未来の旦那様」とか実際に呼ばれた事のある人は、日本全国にどれくらいいるんでしょうか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

イケイケまひる

 2週間前、その萌えっぷりに思わず雑誌本体を購入してしまった4コマ漫画「WORKING!」。今日はその雑誌「ヤングガンガン」の発売日ですので、その後どういう展開になったのかが非常に気になるところでありました。

 んで、コンビニにてページを開いてみたところ、目に入ったのがページの左右の部分、マンガ用語では「柱」と呼ばれる部分にあるキャラクター紹介の文章。

 前号までのまひる紹介文
 【男性恐怖症の17歳アルバイト。男を見ると無意識に殴る癖があるが、タカナシによって改善中?】

 最新号でのまひる紹介文
 【男性恐怖症の17歳アルバイト。男を見ると無意識に殴る癖がある。タカナシに惚れる

 …設定として確定ですか…今日は立ち読みで大丈夫でした(買えよ)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

10/19挨拶・ロンリー30男

 「ココログ」では記事を作るに選択できるカテゴリとして「恋愛」ってのがデフォルトであるんですが…多分死ぬまで使う事はないと思います(涙)。寂しくなんかない。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

鱈子~鱈子~

たらこキューピーになりたい

 デイリーポータルZのライターさんは、仕事中の私を笑い殺す気ですか(笑)つーか日記を書くのが大抵仕事中ってのはいかがなものでしょう私。

キユーピーあえるパスタソースたらこ 「訪問」篇

 今もなお人気のある例のCMですが、実は私一度も生で見た事がないんです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

10/16挨拶・失踪?それとも…

 毎日巡回しているサイト様のひとつ「痛いニュース」が、今日から見られなくなっているもようです。何かマズいネタにでも触れてしまったんでしょうか…甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

また来年頑張って…

古田監督、来季も選手兼任へ=プロ野球・ヤクルト

 今日、セ・リーグの今期の全日程が終了しました。選手の皆さんお疲れ様でした。

 本ブログにて応援しております東京ヤクルトスワローズは3位という事で、一応Aクラスなのですが…セ・リーグ内での戦績は広島以外の5球団に負け越し。去年と同じく、交流戦で稼いだ貯金を生かせぬまま終わってしまいました。

 打撃陣の方はもう十分な結果を出してくれたのですが、それを帳消しにしてしまったのが投手陣。先発陣の最多勝が出戻り(って言ったら失礼ですが)の石井一久選手ですか?あとリリーフ及びストッパー陣は全然安定感なしで、4点5点と点差があってもまったく安心できないのはいただけませんでした。見てる方はハラハラしっぱなしですよホント。

 今年のヤクルトは、これまでのヤクルトのイメージからはかけ離れたものだったように思います。その辺りは、古田監督も感じていたのではないでしょうか。今オフにどんな選手の動きがあるのかは判りませんが、今年の攻撃力に安定した投手力が加われば優勝も十分狙えるでしょう。来期も古田監督が選手兼任で頑張ってくれるみたいですから、とりあえずは来年に期待するという事で…。

 ただ、来年からはドル箱交流戦の試合数が減っちゃうんですよね…。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月13日 (金)

10/13挨拶・ガンバレ俺様

 しばらく更新ペースが滞り気味だったのが、今週に入ってようやく元に戻り始めた感のあるこの頃です。当分この状態が持続できるといいんですが。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

13日の金曜日

 ハーイ皆さん、今日は楽しい「13日の金曜日」ですねー。インテリぶってる奴とか頭の足りないDQNな奴は、真っ先にジェイソンとかに狙われるでしょうから要注意ですよー。

 さて、今日はこの「13日の金曜日」にちなんだネタなのですが、この日が「何年に1回とかではなく、毎年必ずある」ってのは皆さんご存知でしょうか。そしてそれを「数学的に証明できる」という事も。知っていても何の役にも立ちませんが、わりと簡単な証明で解く事ができますので、この場で紹介させて頂きます。

 まず考え方として、ある曜日のx日後が何曜日になるかというのは、xを7で割った余りから求められます。この時の余りは0~6、この数字は「元の曜日から何日離れているか」を示すものです。例えばある月の1日が日曜日だったとして、その7日後(つまり8日)は余りが0ですから日曜日、13日後(同じく14日)は余りが6ですから土曜日、という事になります。

 ここで、それぞれの月の13日が1年の最初の日の何日後であるかを数え、その数字の余りを出してみます。通常「1年の最初の日」は1月1日ですが、2月はうるう年で日にちがズレてしまう事がありますので、ここではあえて3月1日を基準として考えます(これでも証明には十分です)。

 以下、日にちの横の数字は「3月1日からの日数」と「7で割った余り」です。

 3月13日   12  5
 4月13日   43  1
 5月13日   73  3
 6月13日   104  6
 7月13日   134  1
 8月13日   165  4
 9月13日   196  0
 10月13日  226  2

 10月13日の段階で、余りの数字が0~6の7種類出揃いました。これは「13日は3月から10月までの間で、月曜から日曜までの全ての曜日になる」事を示しているのがお判りでしょうか。言い換えると「3月1日が何曜日であっても、10月13日までのどこかの13日が必ず金曜日になる」という事です。

 ゆえに「13日の金曜日は、毎年必ずある」といえるのです。以上証明終わり。今日はもう間に合わないでしょうから、次回の「13日の金曜日(来年の4月13日)」に、話のネタとして使ってみてはいかがでしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ザー

 昨日は日ハムが25年ぶりのリーグ優勝という事で、札幌の街はお祭り騒ぎが続いているようですな。

 今日のラジオで「すすきのでは一般市民もビールかけでお祝い」なんてニュースを流していましたが、すすきのと言えば歓楽街、オトナの街として全国的に有名なところです。そーゆーお店ではもしかしたら、優勝記念としてビールかけならぬザー(以下検閲により削除されました)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

10/12挨拶・内臓脂肪について

 「メタボリック」なんて横文字で言うから漠然としてしまって、悪いイメージに繋がらんのですよ。ここは日本なんですし、「中年親父」とか「連想のストレートさ」なんかとも絡めて「モツ脂」でいいんじゃないかと思うんですがどうでしょう?

 …寒くなってくると美味しいですよね、モツ煮込み。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大造じいさんと…

 残雪「群れにガンの子がおってな…、おれがじいさんに負けたらその子死んでまうねん」

 元ネタ

 …。

 ……。

 スマン…思いついただけッ…!これが文章力の限界ッ…!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

10/10挨拶・元体育の日の意地

 さすがに「晴れの特異日」との異名を持っていただけあって、今日は一日気持ちの良い青空でしたね。たまには挨拶も爽やかに。甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

不謹慎ですが

 昨日北朝鮮が「核実験をやった」と発表した事で、北東アジアのみならず世界が揺れておりますが、もしこれが真実であるならば、核実験で大気中や地下水に放出された放射性物質が日本海に流れ込み、そこに住む生物に様々な影響を与える可能性は否定できないものです。

061010

 特にここ数年、日本海ではエチゼンクラゲが大量発生し、漁業に大きな被害が出ていますが、もしこのエチゼンクラゲが放射能によって突然変異を起こし、例えば体長50メートルにまで成長したとしたら一体どうなるでしょう?

 やはり核実験の産物として誕生し、一昨年にそのシリーズの幕を下ろした某怪獣王に倣うならば、やはり名前は「クララ」とかになるんでしょうか?元がクラゲだけに。

(下に続きます)

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たなる怪獣王

 …さて、北朝鮮の核実験によって産まれた怪獣「クララ」ですが、その戦闘能力はいかほどのものでしょうか。

 「いかほど」と申しましても元はクラゲですので(笑)、毒のある触手は多少危険かも知れませんが、あのグニャグニャの体では戦闘などまず無理でしょう。それどころか、陸地に引き上げてしまえば動く事すらできず、日光によって干からびていくのが関の山でしょう。弱い、弱いぞクララ。

 だがしかし、放射能は偉大です(笑)。突然変異の過程において、自重を支えられるくらいのパワーとか、空気呼吸もできる肺のようなものが発生する可能性はあります。そうしたものが身につけば、クララは某怪獣王並に暴れる事ができるかも知れません。

 体長50メートルものクラゲが陸に上がってくるのを想像するだけで不気味ですが、襲われた街の人々は直立する巨大クラゲの姿を見て、きっとこう言う事でしょう。

 「クララが立った!」

 …ごめんなさい…石を投げないで下さい…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

10/7挨拶・大胆なりJR

 昨日は雨風共に強くて、交通機関も電車のダイヤなどが結構乱れていましたが、

061007

 次発の電車が22時間後ってのは乱れ過ぎじゃありませんでしょうか?甚六です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

買うだけの価値あり

 普段マンガ雑誌はほとんど立ち読みで済ませているのですが(それでも発売されているものにはほとんど目を通しております)、昨日発売された「ヤングガンガン」は久しぶりに購入してしまいました。理由はコチラの管理人様と同じです。つーか今週号は「いつの間にか購入していた」という人がきっとたくさんいると思います。ゼッタイ。

 「もう… なんか お父さんとか どーでも いい…」ま、まひるッ…!!

 とりあえず428ページは単行本出るまで永久保存決定。それって永久って言えるのか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »