« 12/22挨拶・つぶあんvsこしあん | トップページ | 12/25挨拶・聖夜に頭を痛めてる »

2006年12月25日 (月)

秘めてこそ華

 私はせいぜいケーキを食べる程度しかクリスマスには興味ないんですが、一応世間は年に一度のイベントという事で毎年の如く盛り上がっているワケでして、23日の天皇誕生日も含めたこの3日間は、おそらく1年の間で一番交尾しているつがいの数が多いんじゃないでしょうか…念のため言っときますが、あくまで私が興味ないのは「クリスマス」というイベントであって、「交尾」の方には大いに興味があります。ここんとこ御無沙汰。

 とりあえず、イベント事で盛り上がるのは日本人のサガとして、一方の「交尾」はそれこそ自分の遺伝子を次代に残すための神聖な行為ですから、別に「何時何処で誰がナニをどのようにイタしたか」なんてのは、他人様にとやかく言われるようなものではございません。例えば「美味しんぼ」の山岡士郎・ゆう子夫妻の性生活を妄想してみると、ゆう子が「ああ!シャッキリポン!シャッキリポン!」とか言って喘いでいる姿しか想像できないんですが、それこそ本当にどうでもいい。

 まぁしかし日本語では、交尾における前後の段階、アンナ事やらソンナ事を総称して「秘め事」と申し上げるくらいで、言葉の通りそういった行為は、他に人のいないところでコッソリやるべきものなのですよ。どんなプレイに及ぼうが当人以外にメーワクをかけるでもなく、それでこそ思い切ってアレコレ楽しめるというもの。中には「見られた方がコーフンする」なんて性癖の持ち主もいらっしゃるでしょうが、そういう方々は時と場所を十分に吟味した上での行動をお願いしたいものです。

 結局何が言いたいのかと申しますと、今日外回り中にふと車内のミラーを覗いたら、後ろの車で大した事ない男と大した事ない女が接吻してました。真っ昼間から公衆の目があるところでこういう事ができるのは、ひとえにクリスマスの魔力(あるいはただのバカ)だと思うのですが、それを見せられる周りの人間からしてみれば、アレはただのグロに過ぎません。しかも鏡越しに見た男の方の顔は、トリノの大黒将志選手の顔を崩したような感じでした。大黒を崩したらグロになりますよね。ギャフン。


« 12/22挨拶・つぶあんvsこしあん | トップページ | 12/25挨拶・聖夜に頭を痛めてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103833/13201867

この記事へのトラックバック一覧です: 秘めてこそ華:

« 12/22挨拶・つぶあんvsこしあん | トップページ | 12/25挨拶・聖夜に頭を痛めてる »